サイゾーpremium  > 連載  > CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評  > 新章突入で空前の盛り上がり 『ワンピース...
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第5回──COMIC編【2】

新章突入で空前の盛り上がり 『ワンピース』を支えるマンガ表現を巡る挑戦と冒険

+お気に入りに追加

──特集内でも触れたように(参照)、今「少年ジャンプ」(集英社)の看板作『ワンピース』の勢いが大変なことになっている。一読、「努力・友情・勝利」というジャンプの王道を行くような同作を支える、マンガ的表現にまつわる試みを読み解く。

2011_onepiececomic.jpg
いまだ爆発的な人気を誇る『ワンピース』

 最近の『ワンピース』人気は本当に凄まじい。昨年末公開の劇場版は350万人を動員し、最新59巻は初版部数で日本記録となる320万部を発行。累計発行部数も前人未到の2億冊目前で、物語もルフィ海賊団の離散、敵キャラ総登場の大戦争、義兄エースの死と、連載12年目にして過去最高の盛り上がりを見せている。

 週刊少年ジャンプの看板作品である『ワンピース』は、一見、エンタメの王道を突き進んでいるように見える。しかし、その面白さの本質を支えているのは、娯楽性の裏側にあるマンガ表現を巡る興味深い試みだ。

 1997年に『ワンピース』の連載が開始されたとき、私たち読者を驚かせたのはその能力であった。当時の少年マンガは『ドラゴンボール』の絶大な影響下にあり、主人公の正統的な能力といえば「気」や「霊力」「魔力」による攻撃。そんな中、ルフィの「手足がゴムのように伸びる」能力はあまりに異質であった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ