サイゾーpremium  > 特集  > 元「週刊少年ジャンプ」カリスマ編集長の秘...

──「少年ジャンプ」が600万部という最高発行部数を記録した95年の編集長・堀江信彦。近年は「コミックバンチ」に携わってきた氏が、同誌休刊に伴い、新マンガ誌を創刊する。およそ30年にわたりマンガの最前線を歩んできた堀江氏に、業界の盛衰と興亡、新時代のサバイバルについて訊いた。

1011_ikusanoko.jpg
「月刊コミックゼノン」では、『北斗の拳』の原哲夫が10年ぶりに完全な新作『いくさの子 -織田三郎信長伝-』を連載予定。必見!価格/800円(創刊号特別定価)  発売/毎月25日(10月25日創刊)  発行/ノース・スターズ・ピクチャーズ  発売/徳間書店

──堀江さんご担当の『北斗の拳』が大ブームを巻き起こした1980年代前半から「週刊少年ジャンプ」(集英社)編集長を辞められる90年代中盤までは、少年マンガがエンタメの中心でした。でも、現在はそうなっていない。30年間にわたり第一線でマンガ業界の推移を見つめてきた立場から、市場の変化をどうとらえていらっしゃいますか?

堀江 80年から83年にかけては、「週刊少年ジャンプ」は部数が落ちていってたんだよね。「週刊少年サンデー」(小学館)がラブコメ路線で部数を伸ばし、『タッチ』や『うる星やつら』が全盛だった。決め手に欠けるジャンプは、2位のサンデーに部数差を詰められていく。それを打開したのが『北斗の拳』だった。団塊ジュニアが読者の中心世代である中学生になったときに、ラブコメじゃないもので勝負しようと『北斗の拳』をぶつけて、それでヒットした。今漫画雑誌の売り上げが落ちている主因は、団塊ジュニアが漫画を卒業しちゃったから。人は大体、35歳から40歳くらいで漫画を卒業するんだよ。でもそれはそのまま、漫画を読まなくなるということじゃない。雑誌を卒業するだけで、単行本は読み続ける。95年がマンガバブルの絶頂なのだけれど、単行本はその時期に比べて2割くらいの売り上げ減にとどまっています。

 ウチの会社で調査したところ、今の漫画雑誌市場はだいたい63~64年くらいの人口の規模なんです。だから漫画雑誌の点数と部数を市場規模に見合った分量に調整すれば、みんながちゃんと食っていける状況になる。マンガの凋落というよりも、漫画雑誌からの卒業と少子化、それにケータイの出現によって「漫画雑誌の購読者が減っている」状況だと見ておく必要がある。この市場規模はやがて58年の週刊漫画誌登場時程度になり、月刊誌、貸本の時代に戻るはず。週刊誌という形が終わろうとしているのを理解しないといけないね。

──しかし、団塊ジュニアの卒業以外にも、マンガが縮退する理由はあるように思います。ケータイの出現に言及されましたが、ただ昔に戻ったわけではなく、マンガを取り巻く環境がかつてと変わっていますよね。

堀江 一番大きいのはケータイの出現だろうね。ケータイは時間の隙間を奪うから、本来移動中などに消費する漫画雑誌の売り上げに直接の影響があったんだ。恋人とケータイで話すのは楽しいじゃない? やっぱりリアルのコミュニケーションには負けるよね。漫画雑誌がやられたのは同じく携帯性のメディアであるケータイであり、そのキラーコンテンツはコミュニケーションだったんだよ。

──ケータイが商売敵となり、しかも雑誌に代わるマンガ閲覧メディアになってすらいる今、マンガ雑誌が果たす役割はあるんですか?

堀江 新人がデビューするためのシステムとして、雑誌はまだ有用だと思うよ。面白い作家さんのついでに新人の作品も読んでもらえて、彼らに対して原稿料を支払うことができるからね。モバイルメディアで新人を売り出すための新しいシステムを考えた人もいるんだけど、軒並みうまくいっていない。

 それに、コンビニで育った若い人ほど紙の漫画でデビューしたいと思っているし、本格的にケータイに切り替わるのはあと5〜6年たってからでしょう。中期的に紙の雑誌は必要だと思う。

──マンガそのものも変質しているのでは? 王道の少年マンガの割合が少なくなり、萌えを前面に押し出したラブコメや女子向けのマンガが少年マンガ誌を席巻しているように見えます。

堀江 でも一番売れているのは、結局オーソドックスな漫画だよ。『ワンピース』なんて、こう言っては悪いけれども、典型的な少年誌のつくりですよ。

 今見落とされているのは"コマ数"なんです。大体ね、普通のマンガの絵だったら20ページあたり100コマくらいで構成しないとリアリティが生まれない。でも今の多くのマンガは70コマか80コマ。その差分の20コマというのは、心情表現や時間の経過、場所の移動を表すためのコマです。そこでリアリティが生まれる。僕はそれを"感動情報量"と呼んでいるけど、それが減っている。だから漫画がつまらなくなってる。

 例えば怒りの表現なら、今の漫画はストレートに「バカヤロー!」とひとコマ怒鳴って終わり。でも怒りを表現するとは、そういうことじゃない。一回ためて、机の下でグッと拳を握るコマを入れて、「バカヤロー!」と言い、言われた相手がひるむ。この相手のリアクションの大きさで、どのくらいの怒りなのかが表現される。だから本当は3コマ以上必要なんだ。

──その現象は、いつ頃から起き始めたんですか?

堀江 30年かかって、ゆっくり進行していきました。例えばコミックマーケットで、同人作家さんたちが本業の合間を縫って描いたものを発表している。やがて規模が大きくなるとともに、3万部、5万部売れるものが出てきた。ここに大手出版社が目をつけるわけだ。単行本は、2万部売れれば御の字なんですよ。3万部売れると利益になる。そのくらいの同人作家をメジャー誌に載せたら、そりゃあ3万部、5万部売れる。するとコミケ出身の作家が幅を利かせるようになり、メジャー誌で描いていた知名度がない作家も、(内容が)あれでいいんだと思って追随する。編集者もそう思うから「コマ数を減らしてスッキリ」と指導する。そういう漫画が3万部売れて商売になっている。まず、そこも間違いなんだよ。10万、20万売れて初めて商売になっていると思わないと。でも70コマの漫画でそこそこ売れればいいという状態が続いてしまって、今に至ってしまってるんだ。

「バンチ」から「ゼノン」へ 雑誌はもっとバカなことを!

──今回、「週刊コミックバンチ」(新潮社)が休刊し、後継誌が新潮社の「月刊コミック@バンチ」と、コアミックス+徳間書店の「月刊コミックゼノン」に分かれたのはどうしてですか?

堀江 もともと新潮社にマンガのノウハウを伝授するというのが契約のひとつだったんです。新潮社からコアミックスに出向の編集者を受け入れて、ずっと育てていたの。10年たったでしょ。それで新潮社では、彼らで新生「コミック@バンチ」を作ってもらおうということになりました。それに対して「じゃあ今度は作りたいものを作りましょう」と言って僕らが始めるのが「コミックゼノン」なんです。だから幸せな離婚だった。

──そうした事情であえて離別した後、「ゼノン」で実現したいこととはなんなのでしょう?

堀江 編集方針は、傾くこと。いろんな意味で傾いている要素があるものを載せていきたいと思っているけれども、基本的には感動情報量がしっかりあるマンガがいい。月刊誌の醍醐味は、読み切り感と絵のグレードの高さだから。ただあまり堅いことばかり言っているとつまらない。営業的なことを言う人は、ギャグは単行本が売れないからいらない、企画ページも単行本にならないんだったらいらないんだ、と言う。「ストーリーマンガだらけにして、単行本をたくさん出せ」と。でもそうすると、雑誌に"笑顔"がなくなるんだ。いかめしいツラをした雑誌になると、みんな買わなくなる。だから「ゼノン」の創刊号は男用のパンツを付けた。

──エロ本の付録に女物の下着というのはよくありましたが、マンガ誌のオマケにパンツですか……。

堀江 失笑するだろ? ツッコミどころがないと面白くないでしょう。普通に買ったら1500円くらいするパンツだからね。それが800円の雑誌に付いてるんだから安いじゃない。昔は討ち入りの時に下着を履き替えたみたいだから、出陣パンツということでね。「バカだね」と言われることをしないと。

 ぼくも「ゼノン」が編集長として最後の雑誌になるだろうから、傾いたことをやりたい。こういうバカ企画をやりたかったんですよ。

(文/後藤 勝)

1011_horie.jpg

堀江信彦(ほりえ・のぶひこ)
1955年、熊本県生まれ。79年集英社入社、「週刊少年ジャンプ」に配属。原哲夫や北条司を担当し、『北斗の拳』『シティーハンター』をヒットに導く。93年より同誌編集長を務め、95年には653万部と歴代最高部数を達成。00年に集英社を退社し、原氏や北条氏と共に株式会社コアミックスを設立、代表取締役に。「週刊コミックバンチ」では04年まで編集長を務めた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ