サイゾーpremium  > 特集  > 採算度外視(?)のスペクタクルな『滝沢革...

──新聞などの演劇評では、なかなか取り上げられることのない、ジャニーズの舞台ショー。そこで、気鋭の舞踏家・演出家に『滝沢革命』と『Endless SHOCK』を観てもらい、レビューをお願いしました〜!

[観てもらった舞台DVD]

1010_takizawakakumei.jpg

『新春 滝沢革命』

09年1月に東京の帝国劇場で行われた、滝沢秀明が座長を務めるミュージカルショーの新春公演。主演も滝沢秀明。作・構成・総合演出はジャニー喜多川。初回限定盤と通常盤の2種類有り。
販売:エイベックス・エンタテインメント 価格:8800円(税込)


評者:伊藤千枝(珍しいキノコ舞踊団)
ジャニーさんの演出力に感服の『滝沢革命』

 いい意味で「この先エンタテインメントはどこに行くんだろう」と思わせてくれる作品。そのくらい高揚感がありました。

 いろんなジャンルを取り込む演目という意味では、『シルク・ドゥ・ソレイユ』や歌舞伎と似ているのかもしれません。ただ、『シルク~』や歌舞伎の場合、私たちにそのベースとなるサーカス、古典芸能の知識があるから、内容的に裏切られることはないですよね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE