サイゾーpremium  > 連載  > 水谷舞の「合コン四季報」  > 純な国交省メンズよ 古巣JALを助けて!
連載
水谷 舞の「合コン四季報」 第16回

純な国交省メンズよ 古巣JALを助けて!

+お気に入りに追加

──元JALのCAで、合コンでお相手した企業は150社以上!の自称"合コン総研アナリスト"水谷が、実地調査(=合コン)をベースに上流メンズを辛口ジャッジ!

1004_gokon.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。

【今月のターゲット】 国土交通省

国土交通省は、2001年の中央省庁再編により建設省、運輸省、北海道開発庁、国土庁の4省庁が統合されてできた寄り合い所帯。新政権が取り組む、高速道路一部無料化やJAL再建問題、公共工事の見直しなどにより、同省の存在感は日に日に高まるばかり。そんな国交省キャリアの夜の答弁はいかに!?

 かつて婚活女子の間で人気だった外資系金融に代わり、グイグイ高値を更新しているのが安定度抜群の国家公務員。今回は、JAL・OGの水谷にとって縁の深い省庁、国交省の実態をリサーチすることに。合コン総研・水谷舞の出勤です!

 銀座のアジアン・ダイニングにて4:4でスタート! 男性は国交省キャリアと出向者。女性は、清楚な音大出身女子たちをキャスティングしました。

 実は、今年1月に某週刊誌に掲載した水谷による「合コン四季報ランキング」で、国交省はライバル(?)総務省より下位にランク。そのため、「このままじゃいかん」といきり立つ国交省メンズ。同省といえば、ジミ~なイメージながら、最近はJAL問題などで、メディアを賑わせ中。そこで「JALで大変そうですね」と水を向けると、「そうなんですよ、省内てんやわんやですよ」「国会会期中はてこずるね」「ペーパー作成で徹夜続きだよ」などと、実際には、航空関連部署は誰一人いないにもかかわらず、得意顔を見せます。忙しさ自慢は、合コンではポイントアップにつながらないのに。

 水谷とは"合コン2戦目"となる幹事A氏は、穏やかな物腰の草食系かと思いきや、前回の合コンでは、開始わずか1時間で水谷のメルアドをゲットした凄腕! B氏の最近の悩みは、A氏と机が近すぎること。

「AのキーボードのEnterキーを、僕が押してしまうぐらいの近さ。画面も丸見え。Aよ、お前が北川景子の画像見てたの、もろバレだぞ~」「そっちこそ。お前が合コン招集のメール流してるのを盗み見して、今日はココに来たんだ」などと言いながらベッタリじゃれ合う2人。合コンにも出世争いを持ち込み、ピリピリムードが抜けなかった総務省メンズに比べると、その和気あいあいぶりは気持ち悪いほど。

 そんな国交省若手官僚には、肉ブームが到来中なのだとか。「銀座の叙々苑はランチは1000円しないからオススメ」「俺ら、焼肉ランキングサイトをブックマークしてるよな」「去年、皆で焼肉行ったんですよ。職員が福利厚生用にコツコツ積み立てしたお金が余ってたんでパーッと使っちゃえ! って。ところが、15人で30万! 会計役の幹事はベロンベロンに潰れてたから大赤字」と、ひと盛り上がり。「選ばれし高級官僚にしては、随分ドンブリね~」と、お粗末さを皮肉ると「予算は全部使い切らないと、来年から取り分減らされるでしょ。だから使い切るのが基本的発想なんです」と分析する出向組のC氏。国民のみなさん、これが官僚というものです!

 さて、時刻は21時を回り、多忙な彼らがいつ緊急招集されるとも限らないので、ここで合コン総研より代表質問します! 国交省の雰囲気は? 「泥臭いんじゃないですか」「旧運輸省と旧建設省じゃ、雰囲気が全然違うんだよ。旧建設は軍隊然としていて、怖くて上司と口がきけないけど、運輸出身の上司はフランクで話しやすい」と、答えもイメージ通りでちょっと地味!? そんな中でも、やはり航空局はいちばんの花形部門なんだとか。「昔の航空局はよかったらしいですよ。しょっちゅうCAさんたちと飲んでたらしいです。でも、今はそんなことは皆無。いまや生身のCAを見ただけで、コーフンする男もいるぐらい」と古き良き時代に想いをはせる国交省メンズ。そんなウブな発言を聞くと、CA慣れした商社、代理店の輩より、よっぽど胸キュンしちゃいます♪ 抜群の安定性もありますし(笑)。

 実は今回の合コン、航空局の官僚がいれば、古巣JAL再建のために手心を加えてもらうべく、ひと肌もふた肌も脱ぐつもりでしたが、残念。仕事はほどほどに、時には合コンで息抜きしつつ、JALを助けてくださいね。いつでもお相手します(はーと)

[合コンメンズ判定]★★★★★

本文には書けませんでしたが、JAL問題の内部情報を入手すべく、いくつか鋭い質問を試みたものの、のらりくらり話題を逸らされてしまいました。後日、しつこく追加質問をしたところ「メールじゃ言えないな。今度2人で会ったときに教えてあげる♪」との返信が。純朴で泥臭い一面を見せて相手を油断させつつ、実はセンセイの国会答弁も作成するかなりのキレ者。まぁ、それぐらいしたたかでないと、国益を守ることはできないでしょう。そんな国交省の未来を担う若手官僚に期待を込めて、星5つを進呈します!

[今月の合コン必勝服]
ウブで純朴な国交省メンズには、爽やかセクシーワンピでリードしてあげて♪ 大空を連想させるブルーのワンピが効果的。

水谷舞(みずたにまい)
大学卒業後、日本航空入社。国際線を中心に約5年間乗務。モデル業の傍ら、現在は、「合コンは最高のエンターテインメント」をモットーに、"合コン総研アナリスト"として活躍中。新刊『モテる女は7つのタイプに分けられる』(アスコム)が発売中。http://mai-mizutani.com/gokon/

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ