サイゾーpremium  > 特集  > リコール騒動でユーザー大損!? プリウス...
第1特集
大手メディアが報じないリコール問題の二次被害

リコール騒動でユーザー大損!? プリウスの"3年殺し"問題とは?

+お気に入りに追加

残価設定ローン

3年後の下取り査定額(残価)を購入時に設定し、車両の販売価格からその査定額を差し引いて、残りの金額をローンで支払うというもの。トヨタの同商品は「残価設定型プラン」。
toyota.jpg
トヨタHPより。

「納車まで半年待ち」という馬鹿売れ状態のトヨタのプリウスだが、2月上旬にABS(アンチロック・ブレーキ・システム)の問題から、リコール発表に至ったのはご存じの通り。トヨタの危機管理のまずさ、初動対応の遅さが批判を浴びた。同社の豊田章男社長が自ら行った謝罪会見を経て、騒動はすっかり沈静化した感もあるが……この「プリウス・スキャンダルは近未来への禍根を残した」と指摘する声が聞こえてきた。スクープ&辛口批評で知られる自動車情報誌「ニューモデルマガジンX」編集長・神領貢氏は、こう語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー

NEWS SOURCE

インタビュー

連載