サイゾーpremium  > 連載  > 読者的  > 「ベストセラー」に素直に食いつかないのが...
連載
読者様より編集部へ愛のムチ

「ベストセラー」に素直に食いつかないのが仕様です!?

+お気に入りに追加

 アスカで7月号は表紙買いしました。「なんで『サイゾー』でアスカ?」という疑問もわきましたが、それよりもっと疑問だったのは、どこにもイラストを描いた人の名前がなかったこと。これはわざとですか? 私の周りの友人たちは、「貞本タッチで別のイラストレーターが描いたのでは?『サイゾー』ならやりかねん」と言っていましたが......本物ですよね?
(東京都中野区 ケンゴー)

 村上春樹作品の面白さがわからない自分は文学センスがないのかと思っていましたが、今回の特集(7月号)で感心させられたり、納得したりできました。新作に対して騒ぎすぎの周囲にはうんざりです。
(東京都台東区 kiyoto)

 べストセラー特集、と銘打って大川隆法を5Pにわたって取り上げるのはさすがだな、と思った(7月号)。でも、創価学会員は身近にそこそこいても、幸福の科学会員は見たことないんだよな......。でも今回の選挙では打って出るみたいなので、これで周りの隠れ信者が判明したりするかな? と期待中。あとは『太陽の法』をこれ見よがしに読んで、話しかけられ待ちしてみようと画策している。まぁ、信者がいたからといって別に何があるわけでもないんだけど。
(東京都調布市 丸子無Z)

 7月号で、八戸市議の藤川ゆりさんについての記事が掲載されていたが、最近の彼女をめぐる報道でいつも気になるのが、「世界一の美人議員」といううたい文句。スペインのウェブサイトが決めたんだったと思うが、はたして彼女は世界基準で美人なんだろうか? 女性議員にしては美しい、というのには同意するけど、とてもじゃないが外国人受けする顔には見えない。この結果には何か操作を感じる。
(三重県津市 野村紀之)

 新番組・改編後の視聴率がかつてないほど低すぎると言われていますが、私の地元では大阪ローカルの番組や阪神戦に差し替えられているのでピンときません。半年後、1年後、アナログ終了直後には、東京キー局と地方ネット局の関係はどうなっているのでしょう。ぜひ関係筋に取材して地上波の未来を予想してほしいです。
(徳島県板野郡 あああ 戦士 レベル1)

 田中圭一のエロチックで下品なマンガ「真夢子おね〜さん」が好きです。通勤電車では見られないので、帰ってからのささやかなお楽しみです。
(岐阜県岐阜市 どんぶり音楽会)

 そういえば、新型インフルエンザ騒動、どうなっていくんでしょうねぇ〜。最初はあんなに報道で騒いでいたのに、今では風船がしぼんでしまったようです。でも、感染者は着実に増えています。身の回りに迫っているような気がしますが、眼に見えません。過剰反応しても疲れるだけだし。「サイゾー」の眼から新型インフルエンザを斬ってみてください。よろしくお願いします。
 (愛知県春日井市 kmj)

 マイケル・ジャクソン死去! 三沢といい、清志郎といい、今年は最近めっきり減っている"カリスマ的存在"の逝去が続きますね......。今のところ、カルチャー系の人ばかりだけど、次は政治家とかかな。まさかオバマ? さすがにそれはないかー。「愛のズルむけい地」のお2人に、ぜひマイケルの死因を推測していただきたいです。
(長野県松本市 呉工)

 「アノ話題の書『読むor捨てる』は俺が決める」(7月号)は面白かった。あれがナットク! なのは"押しつけるな、俺が決める!"だからなんですよね。「ベストセラー」と「捨てる」で私がすぐに連想するのが、『「捨てる!」技術』です。パラパラ読んだだけですが「聖域なし、とにかく捨てろ」の押しつけで内容なし。特に「いつかはなし、2度と見ることもない夫の思い出の品なぞ捨てろ」という内容には腹が立ちました(がらくたと思い出の品とは違うし、そもそも思い出の品を頻繁に見ていたら男女問わずキモイ)。そもそもモノを大量に買い込み、家を狭くしているのはオンナでしょ!そしてその整理に困り『捨てる!』本をせっせと買ってベストセラーにしたのもオンナ。「そのしわ寄せをオトコに押しつけるな!」と、声を大にして"オクサン"以外のオンナに言いたい!
(埼玉県入間市 ひろトミー)


→ご意見いただいた、7月号の中身はこちらから!


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ