サイゾーpremium  > 特集  > 担当編集者かく語りき「ヒゲの殿下は、締め...
第1特集
天皇・皇后両陛下は売れっ子作家!? 華麗なる"皇族本"の世界【2】

担当編集者かく語りき「ヒゲの殿下は、締め切りをきちんとお守りになりました」

+お気に入りに追加

──今年3月に発行された、三笠宮寬仁親王の著作『皇族の「公」と「私」』(PHP研究所)の担当編集を務めた、同社第三出版局・吉野隆雄局長に話を聞いた。

 本書は、月刊誌「ヴォイス」に連載された、工藤美代子先生による寬仁親王殿下へのインタビューに、前書きなどをご加筆いただいた上で書籍化したものです。初版は1万部刷りましたが、おかげさまで、もうじき重版の検討に入れそうな勢いです。

 工藤先生から連載の打診があったときは、社長判断で即決でした。ただ、弊社は、皇后陛下のお写真集『皇后陛下 美智子さま』(94年)をお出ししたことはありましたが、皇族方のご発言やご原稿を扱った経験はこれまでありませんでした。当然、普通の雑誌の連載や書籍の編集とどこが違うかなど、まったく予想がつきませんので、とにかく失礼のないよう丁寧に編集し、ご指示のままに精いっぱい努めようと心がけました。

 書籍化に当たっては、私がたびたび参邸して進めたのですが、終わってみれば、通常の書籍化と特に違いはなかったですね。流通や印税などに関しても、普通の本と同様の扱いです。殿下は、「こうせよ」「それはやめよ」と、はっきりと思し召しを口にされるので、こちらが余計なことを考える必要はなく、むしろ非常にやりやすかったです。

 また、殿下のお話ぶりそのものの魅力を伝えるのが本書の狙いですから、お言葉遣いなどに編集側で手を入れることはありませんでしたが、やはり商売ですので、編集面で必要なことは申し上げました。すると殿下は、気さくに「なるほど、そうか」と、すぐに代案をお示しくださいましたね。

 最も驚いたのは、殿下が、どんなことも決してゆるがせになさらないことです。こちらが「何枚でも結構です」と前書きのご執筆をお願いすれば、400字詰めで40枚を超えるご原稿が届きましたし、3度にわたりゲラのご高閲をお願いすれば、そのつど、写真のキャプションに至るまで全行しっかりとお読みになる。また、締め切りも必ずお守りになる。その点がとても印象的でした。

 ただし、これらのエピソードは、あくまでマスコミ対応にお慣れで、ああいうお人柄の殿下ならではのものであって、ほかの皇族方がどのように本をお出しになっているのかは、想像すらできませんね。
(談)

0907_book_kouzoku.jpg

『皇族の「公」と「私」』
著/三笠宮寬仁親王・工藤美代子 発行/PHP研究所 価格/1575円


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』