サイゾーpremium  > 特集2  > 宅八郎が伝授! あだ名で覚える14人のE...
第2特集
EXILE 大人気のナゾに迫る!【4】

宅八郎が伝授! あだ名で覚える14人のEXILE

+お気に入りに追加

EXILEへの興味は皆無だが、タレント分析には一家言あるオタク評論家の宅八郎氏に、オヤジ代表として、メンバーの特徴をとらえた〝あだ名〟を付けてもらった。これでバッチリ覚えられる......ハズ!?

体育会系のアラフォーリーダー

0905_adana_hiro.jpg

HIRO(39)

[あだ名]ヒゲオヤジ
EXILEはヒゲ率が高いですが、この人は一回り格上で年輪を感じさせるので、こう覚えるのがよいでしょう。(宅)

本名:五十嵐広行。95年に解散したZOOの元メンバーで、パフォーマー兼リーダー、所属事務所LDHの社長も務める働きマン。メンバーからの信頼が厚く、男性ファンも多いが、若い女性層からの人気はいまひとつ(泣)。最近は「年のせいか、ダンスが踊れていない」(ファン)との声もあり、隠居の日も近い!?

たけのこの里でもダンシング中

0905_adana_matsu.jpg

MATSU(33)

[あだ名]バディ
彼は新宿二丁目でモテるタイプ! いかにもゲイ雑誌の「バディ」に出ていそうな感じ。ふんどしとか締めてほしいなぁ。(宅)


本名:松本利夫。パフォーマー。「24karats」のデザイナーも務める。07年のドキュメント番組で、ベーチェット病で左目が失明状態であることを告白。また、同年のツアー初日には前日に父親が他界したことを涙ながらに告白し、女性ファンのハートを刺激。先月から『たけのこの里』のCMがオンエア中。

小沢昭一的ホクロが目印

0905_adana_usa.jpg

USA(32)

[あだ名]ホクロ
ホクロが目立ちますね。「鼻クソ」といえる位置にはついていないので、素直に「ホクロ」と覚えるのがよいと思います。(宅)


本名・宇佐美吉啓。パフォーマー。USAの読み方は「ユーエスエー」ではなく「ウサ」なので要注意。猿顔とあって一見モテなさそうだが、そのダンステクニックはEXILE随一といわれ、「個性的」「愛嬌がある」「競争率が低そう」などと人気は意外と高い。劇団EXILEの公演を中心に、役者としても活躍。

ダンスと演技の落差に注目!

0905_adana_makidai.jpg

MAKIDAI(33)

[あだ名]ラッキィ池田
あれ、ラッキィ池田さんでは? 若い頃の彼とか、こんな感じでしたよ。この人にも、お笑いの素質がありそうですね。(宅)


本名:眞木大輔。パフォーマー。DJとしてCDもリリース。08年のNHK朝ドラ『瞳』をはじめ、多数のドラマや映画に出演しており、メンバーから「イケメン俳優」と冷やかされることも。ただし、肝心の演技についてはファンも「ダンスと大違い」と落胆するほどの出来(泣)。トークも達者とあって人気高し。

ライオネル・リッチーにチョイ似

0905_adana_akira.jpg

AKIRA(27)

[あだ名]濃厚ソース
顔が濃いので、「濃厚ソース」で。個人的にはチンコを妄想させる顔なので、「男根」か「極太」と呼びたいところですが。(宅)


本名:黒澤良平。06年6月にHIROの誘いで、パフォーマーとして途中加入。"AKIRA"の由来は、知人に「黒澤といえば黒澤明だろ!」と言われたため。黒人風のお洒落なルックスが女子に人気だが、USA、MAKIDAIと初めて会ったときにかけられた第一声は「Can you speak Japanese?」であったという。

オールシーズンで胸元全開

0905_adana_atsushi.jpg

ATSUSHI(28)

[あだ名]改造車
頭の剃り込みが改造車のフェンダーみたいなので、「改造車」と覚えましょう。いかにも乗り回していそうな風貌ですし。(宅)


本名:佐藤篤志。ヴォーカリスト。00年にCHEMISTRYが誕生した『ASAYAN』のオーディションで最終選考まで残るも、落選した過去を持つ。下手するとチンピラだが、グラサンの奥にはつぶらな瞳が隠されており、"環境問題"や"愛"についてやけに語りたがるなど、そのギャップにグッとくる女子は多い。

過去を封印した王子様

0905_adana_takahiro.jpg

TAKAHIRO(24)

[あだ名]特撮ヒーロー
特撮ヒーロー番組に出ていそうな顔立ちですね。よくホストクラブにもいますよ、こういう人。人気あるのもわかります。(宅)


本名:田﨑敬浩。EXILEの新ヴォーカリストオーディションに出演するためにミュージカル『テニスの王子様』の出演を蹴り、テニミュファンから「裏切り者!」と罵られながらも、06年9月に見事合格。その甘いマスクで10代の女子から主婦まで人気が高く、かつてのNo.1であるATSUSHIをしのぐ勢い。

スタイル以外に売りが欲しい

0905_adana_kenchi.jpg

KENCHI(29)

[あだ名]オイ、洋服屋
志が低そうで、数を揃えるためにいる感じの人ですね。こういう人、よくそっち系のブティックの店員でいる気がします。(宅)


本名:寺辻健一郎。今年3月からEXILEにパフォーマーとして新加入。18歳のときにテレビで見た『ダンス甲子園』に影響され、ダンスを始める。服屋の店員をしていたことや、その体形を生かしてモデル活動をしていたこともあり、「2代目J Soul Brothers」の中ではオシャレ番長的な扱い。

宮崎出身の燃える九州男児

0905_adana_keiji.jpg

KEIJI(29)

[あだ名]キタノ映画
危ない感じの目つきが最高。不適切な表現をしちゃいそうなので、北野武映画に配役されそうという表現にします。(宅)


本名:黒木啓司。今年3月からEXILEにパフォーマーとして新加入。19歳のときに「初代J Soul Brothers」のライブに触発され、ダンスを始める。「2代目〜」のパフォーマーの中では、1〜2位を争う人気。九州男児ならではの熱い性格で、HIROから「EXILEになってほしい」と言われた際、真っ先に号泣。

フェロモンムンムンのモテ要員

0905_adana_tetsuya.jpg

TETSUYA(28)

[あだ名]某店ヘルプ
ホストクラブに行くと、大抵こういう人がヘルプとしてつくんですよ。たぶん、EXILEの中でもヘルプっぽい役なのでは。(宅)


本名:土田哲也。今年3月からEXILEにパフォーマーとして新加入。19歳でダンスに目覚める。EXILEの姉妹ユニット「FULCRUM」のメンバーとして、"BATTA"という名で活動していたため、現在でもよくメンバーからバッタ呼ばわりされている。メンバーいわく「フェロモンがあって、一番モテる」とのこと。

ハロプロ時代のゴマキのPVに出演

0905_adana_naoto.jpg

NAOTO(25)

[あだ名]野球部
だんだんあだ名つけるのが苦しくなってきました......。この人は見るからに野球部っぽいので、「野球部」でいいでしょ。(宅)


本名:片岡直人。今年3月からEXILEにパフォーマーとして新加入。高校生時代にダンス部に所属し、独学でダンスの練習を開始。「2代目~」に入る以前からダンサーとして活動しており、浜崎あゆみや後藤真希のバックダンサーを務めた経験も。ちなみに宅氏の予想通り、学生時代は野球部に所属。

腹筋と"帽子"がトレードマーク

0905_adana_naoki.jpg

NAOKI(24)

[あだ名]レゲエ風
法政大学中退なので「インテリ崩れ」かなと思ったのですが、見た目的にわかりやすい「レゲエ風」と覚えましょう。(宅)


本名:小林直己。今年3月からEXILEにパフォーマーとして新加入。ダンサーになることを目指し、法政大学を中退。仮面ライダーばりに割れた腹筋が自慢で、テレビでもよく披露している。また、お気に入りのドレッドヘアを今年1月の舞台出演の際に角刈りにしてしまったため、現在はヅラを装着中。

「ジェロかと思った」の声多数

0905_adana_nesmith.jpg

NESMITH(25)

[あだ名]ガイジン
「ジェロ」と覚えてしまうと、本物のジェロと見分けがつかなくなる恐れがあるので、こっちは「ガイジン」でいいと思います。(宅)


本名:ネスミス・竜太・カリム。演歌のジェロとは別人。ATSUSHIと同じ『ASAYAN』のオーディション落選やユニット解散などの紆余曲折を経て、今年3月からEXILEにヴォーカリスト&パフォーマーとして新加入。4月に出演した『東京フレンドパーク2』(TBS)では、メンバー随一の跳躍力で大活躍!

若さが自慢のビッグフェイス

0905_adana_shokichi.jpg

SHOKICHI(23)

[あだ名]オレ流
すごく"オレ流"を大事にしてそう。ホストとしては、客の気持ちを無視した接客をして、あまり指名が取れないタイプ。(宅)


本名:八木将吉。今年3月からEXILEにヴォーカリスト&パフォーマーとして新加入。新生EXILEの中で最も若く、目が大きいことからメンバーに「目力」と呼ばれることもある。顔は整っているほうだが、ファンからは「一歩前に出てるのかと思うほど顔がでかい」といった指摘も。

0905_taku.jpg

たく・はちろう
1962年、静岡県生まれ。法政大学社会学部卒。
宮﨑勤事件に衝撃を受け、90年、日本初のオタク評論家としてデビュー。宅八郎公式HP「宅八郎の復讐山脈」


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ