サイゾーpremium  > 特集3  > ブラウン管に映らない"素顔"を制作スタッ...
第3特集
"美人すぎる"キャスターたちがテレビに出まくる本当の理由【6】

ブラウン管に映らない"素顔"を制作スタッフが赤裸々に暴露!

+お気に入りに追加

──今後需要が高まると思われる女性キャスターだが、彼女たちの最大のクライアントであるテレビ局のスタッフは、その働きぶりをどう見るのか──?

[座談会出席者]

A......フジ番組制作スタッフ
B......日テレの番組を担当する中堅放送作家
C......TBS番組制作スタッフ
0903_fijitv.jpg
セントとベッタリのフジテレビ。

A キャスターといえば、やっぱり大手事務所であるセント・フォース(以下、セント)なくして語れないでしょう。それにしても、フジはセントとベッタリだよね。

B まぁ、編成局長の鈴木克明さんとセントの久保地美晴社長が蜜月だから、こればっかりは、もうどうしようもないよ(苦笑)。一時期、現場のスタッフからセント以外のキャスターを使いたいっていう声が上がったこともあったんだけど、いつの間にか立ち消えになっちゃったし......。

C いやぁ、ウチから見たら羨ましい限りだよ。『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS)に根本美緒(三桂)が出演しているけど、お天気キャスターとしてはもうベテランの域。その点、セントのお天気担当はみんな若いから、そこにいるだけでテンションが上がりそう(笑)。まあ、根本はアタマも良いし、勤勉だから問題はないんだけど。

A 若いのでいうと、『めざましテレビ』(フジ)の皆藤愛子(セント)は、テレビで見たままのおっとりした性格。飲みに誘うと結構気軽についてきてくれる。めざましスタッフは仲が良いのが有名で、収録がハネるとみんなでランチやディナーを食べに行くことが多いけど、皆藤はいつも番組終わりに仮眠を取るから集合に遅れることもあるみたい。この間、タレントクロークで夕方まで寝ていたし(笑)。

C 局員からの人気が高いのは『めざにゅ〜』(同)の杉崎美香(セント)。根本や皆藤同様、仕事ぶりを見ても評判は良さそうだね。

A いや、それがまったく(苦笑)。番組放送後の反省会では、ほとんど話を聞いていなくて、話を振られても「え?」って上の空。知的なイメージとは裏腹に、「ちょっと大丈夫かな、このコ」って思うときがよくあるよ。

C 確かに、『平成教育予備校』(同)に出演したときなんて、おバカな解答を連発してダントツのビリだった。あんまり頭が良くないのかなって思っちゃったよ。

A あれはさすがにイメージが悪かったみたいで、以来、基本的にクイズ番組の出演はNGになったとか。また、今、問題になっているのは、『めざましどようび』(同)に出演している、同じセントの高樹千佳子との関係。ある時、ロケバスで高樹が「杉崎さん、どうにかなりませんか?」と公然と批判したって話。あの2人が鉢合わせると現場が凍りついちゃって(苦笑)。

B みんな性格はいいんだけどね。日テレの『朝いち430』に出演している中田有紀(セント)も、腰が低くて接しやすい。スタッフの他愛もないバカ話にも付き合ってくれるし、恋愛トークではヒートアップすることもあって、自分がいかにダメンズを渡り歩いてきたかを涙ぐみながら熱弁することも(笑)。

A あと、日テレといえば小林麻央は外せないよね。『めざましどようび』からすぐに『ニュースZERO』(同)に移ったときは、かなりひんしゅくをかったみたいだけど......。

C 彼女のスゴいところは、ADですら名前をちゃんと覚えているところ。スタジオ入りする時は挨拶してくれるし、何よりいつもミニスカを穿いているので目の保養にもなる(笑)。そうそう、人気通り事務所の中でも別格扱い。ほかのキャスターには、ファンの前に立つなどセキュリティが必要な特別な仕事以外マネージャーがつかないのに、彼女だけはベンツでの送迎アリ。ただ、そうしたVIP待遇を快く思わない人もいて、日テレアナの鈴江奈々は常々、目の敵にしているとか。

B やっぱり、局アナは、基本的にフリーキャスターのことを良く思ってはいないよね。特に最近は、いい仕事をガッツリ持っていっちゃうこともあるから。

A そうした様子を見ているから、TBS・小林麻耶のようにフリー宣言をする女子アナも、増えてくると思うよ。

(構成/山口詫助)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』