> 石原さとみの検索結果

石原さとみ の検索結果

ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

石原さとみ、剛力彩芽、小嶋陽菜の次は吉岡里帆? 実業家と芸能人をつなぐ「紹介屋」が暗躍中

――  昨今、芸能界では石原さとみ、剛力彩芽、小嶋陽菜など、IT社長と交際することが流行っている。  接点がなさそうな芸能人と実業家がどうやって出会っているのか不思議だと思う人も多いようだが、そこには“紹...

石原さとみ、剛力彩芽、小嶋陽菜の次は吉岡里帆? 実業家と芸能人をつなぐ「紹介屋」が暗躍中
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

新垣結衣『けもなれ』大爆死で『逃げ恥』続編の出演を了承か

―― “ワンチャン”の芽が出てきたことで、TBS関係者は小躍りしているという。  10月期のドラマが続々と最終回を迎える中、2016年にドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)を大ヒットさせた脚本家の...

新垣結衣『けもなれ』大爆死で『逃げ恥』続編の出演を了承か
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

広瀬すず、石原さとみ、新垣結衣の連続爆死で「日テレは出る価値なし」の声が噴出中!

――  テレビ界で「三冠王」といえば、日本テレビの代名詞だったが、その牙城がいよいよ危うくなってきているようだ。  10月第3週の全日、プライム、ゴールデンの全ての平均視聴率でテレビ朝日がトップとなり、日...

広瀬すず、石原さとみ、新垣結衣の連続爆死で「日テレは出る価値なし」の声が噴出中!
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

綾瀬はるかにドラマ視聴率完敗! それでも石原さとみが唯一勝っている分野とは?

――  今期ナンバーワンヒットとなった綾瀬はるか主演のドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)は、9月18日に放送された最終回で平均視聴率19.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、有終の美...

綾瀬はるかにドラマ視聴率完敗! それでも石原さとみが唯一勝っている分野とは?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

石原さとみ『高嶺の花』低迷で、結婚延期危機! 鍵を握るのは香里奈?

――  石原さとみ主演のドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)は8月22日放送の第7話から第2章がスタート。平均視聴率9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と前週から2.1ポイントのV字回復となったが...

石原さとみ『高嶺の花』低迷で、結婚延期危機! 鍵を握るのは香里奈?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

吉高由里子と石原さとみに「年内結婚説」が浮上! 事務所も容認済み?

――  今年はビッグカップルの結婚ラッシュとなりそうな気配だ。  一部では桐谷美玲と三浦翔平、竹野内豊と倉科カナに「6月入籍」報道が飛び出し、両カップルとも結婚秒読みの空気が漂っている。だが、さらに2組の...

吉高由里子と石原さとみに「年内結婚説」が浮上! 事務所も容認済み?
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【17】

看護師に嫌われても【石原さとみ】のことは嫌いにならないでください!

―― 最初からカワイイな、素敵だなとは思っていた。でも、ただそれだけ。ちょっと気になるクラスメイト、そんな感じ。でも、いつの頃からだろう、彼女の存在は、僕の心の大半を占めるようになっていた……。

看護師に嫌われても【石原さとみ】のことは嫌いにならないでください!
ニュース
【premium限定ニュース】

月9で共演の山下智久もメロメロ……あの有名カップルの破局も石原さとみの「唇」が原因!?

――  10月12日にスタートするフジテレビの月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」で、山下智久と初共演を果たす石原さとみ。これまで、嵐の松本潤、佐藤健や生田斗真など恋人役を演じたイケメン俳優との間にこ...

月9で共演の山下智久もメロメロ……あの有名カップルの破局も石原さとみの「唇」が原因!?
ニュース
【premium限定ニュース】

綾瀬はるか、石原さとみとの“三つ巴”を制してホリプロの看板女優の座をゲットしそうな勢いの演技派・高畑充希

―― 「とにかく同世代の女優では演技力が飛び抜けている。まだ事務所サイドもギャラを上げていないので、今が使いどころ。CMでもクライアントが起用したい女優として5本の指に入るのでは」(広告代理店関係者)

綾瀬はるか、石原さとみとの“三つ巴”を制してホリプロの看板女優の座をゲットしそうな勢いの演技派・高畑充希
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.6

『リッチマン、プアウーマン』──試行錯誤を繰り返すフジの月9が見出した、新しい恋愛ドラマの形

―― 小栗旬と石原さとみ主演で、IT企業を舞台にした恋愛ドラマ──それが本作の大枠だ。これをフジテレビの月9でやるとなると、おサムいことになりそうなものなのだが、しかし、なかなかどうしてこれがクセモノの良作...

『リッチマン、プアウーマン』──試行錯誤を繰り返すフジの月9が見出した、新しい恋愛ドラマの形
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』