> マラソンの検索結果

マラソン の検索結果

ニュース
次の不祥事はマラソン界か?

セクハラは序の口!? 横暴・瀬古総監督にマラソン界が右往左往

―― 資金の不正利用やドーピングやセクハラ・パワハラなど、2020年に開催の東京五輪を前にして、日本のスポーツ界の不祥事が注目を集めている。これまではクローズアップされてこなかった大小の事件が話題となり、そ...

セクハラは序の口!? 横暴・瀬古総監督にマラソン界が右往左往
第1特集
マラソン好き【村上春樹】の耐えられない軽さ

「小説を書くことは、フル・マラソンを走るのに似ている」――巨匠・村上春樹とマラソン、その“むずがゆさ”を読解!

―― 2007年に発売された村上春樹のエッセイ『走ることについて語るときに僕の語ること』が、なんだか村上春樹すぎてどうにもこうにもムズがゆい。その名言の数々を、他の芸能人ランナーとの言葉になぞらえて勝手に分...

「小説を書くことは、フル・マラソンを走るのに似ている」――巨匠・村上春樹とマラソン、その“むずがゆさ”を読解!
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

練習パートナーのせいで不穏な噂が… 猫ひろしがまだ”日本人”に戻れない裏事情

――  タレントの猫ひろしが12月にミャンマーで開催される東南アジア大会の男子マラソンにカンボジア代表として出場することを所属事務所が発表した。猫は先月12日、カンボジアで行われた代表選考会に2時間36分3...

練習パートナーのせいで不穏な噂が… 猫ひろしがまだ”日本人”に戻れない裏事情
第1特集
国籍を変える選手たちの悲哀【1】

猫ひろし騒動で露呈した国籍変更問題 五輪出場で国籍を変える選手たちの悲哀

―― マラソンのカンボジア代表権を得るため、国籍を変更した猫ひろしの騒動は記憶に新しいだろう。欧州では五輪が開催されるたびに、多くの選手が国籍を変更するというが、その背景にはどのような問題があるのだろうか?

猫ひろし騒動で露呈した国籍変更問題 五輪出場で国籍を変える選手たちの悲哀
第1特集
スポンサー依存のマラソンがメダルを穫れなくなった理由【3】

天才ランナーの中山竹通が辛辣な苦言を呈す「実業団依存のマラソン界は、もう勝てるわけがない!」

―― かつて、ダイエーに所属し、2度のオリンピックを経験した天才ランナーは、実業団とマラソン業界の関係をどう見るのか?

天才ランナーの中山竹通が辛辣な苦言を呈す「実業団依存のマラソン界は、もう勝てるわけがない!」
第1特集
スポンサー依存のマラソンがメダルを穫れなくなった理由【2】

藤原新に女医のスポンサードあり 実業団陸上選手たちの不満が爆発! 実業団選手の"本音"座談会

―― では、実際に実業団陸上部で日々五輪を目指すマラソン選手たちは、それぞれのスポンサーである企業からの待遇をどう感じているのだろうか? 本音と不満を語ってもらった──。

藤原新に女医のスポンサードあり 実業団陸上選手たちの不満が爆発! 実業団選手の
第1特集
スポンサー依存のマラソンがメダルを穫れなくなった理由【1】

マラソン界はジレンマだらけ……企業に依存して勝てない! 駅伝に殺されたマラソン界

―― ロンドン五輪の選考会で話題となった”ニートランナー”藤原新。彼の出現により露呈した実業団選手たちの低迷は、現在の日本のスポーツ全体におけるスポンサー依存の副産物だった──!?実業団チームの選手たちの声...

マラソン界はジレンマだらけ……企業に依存して勝てない! 駅伝に殺されたマラソン界
第1特集
スポーツ誌じゃ読めないマル秘ガイド【2】

中国政府の"安全宣言"はウソ!? "本当の北京"に出会える衝撃のマラソンコース案内

―― 【1】崩壊した胡同内の建物。この中で、人が普通に生活している。【2】胡同を覆い隠...

中国政府の
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』