>   >   > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第123回/『ザ・シークレットマン』
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第123回

『ザ・シークレットマン』――米政治史上最大のスキャンダル――告発者の正義とは?

+お気に入りに追加

『ザ・シークレットマン』

1803_P141_200.jpg

2005年、アメリカ政治史上最大のスキャンダル「ウォーターゲート事件」の告発者「ディープ・スロート」であると名乗り出た当時のFBI副長官マーク・フェルト。なぜ彼は機密情報を告発したのか? すべてを犠牲にした告発者の真意とは?/主演:リーアム・ニーソン、ダイアン・レイン 監督:ピーター・ランデズマン ほか。2月24日全国公開。


『ザ・シークレットマン』の主人公マーク・フェルト(リーアム・ニーソン)は、FBI副長官でありながら、ウォーターゲート事件をマスコミにリーク、ニクソン大統領を辞職に導いた内部告発者だ。

 ウォーターゲート事件を暴いたワシントン・ポスト紙の記者ボブ・ウッドワードとカール・バーンスタインの物語は、『大統領の陰謀』(76年)という映画になった。そこには「ディープ・スロート」という内部告発者が登場するが、画面にはシルエットしか映らない。それがマーク・フェルトだったという事実は、33年後の2005年に本人の告白で初めて明らかになった。この映画『ザ・シークレットマン』は、『大統領の陰謀』をフェルトの視点から描いている。なぜ、彼はそんなことをしたのか?

 映画は、30年間フーヴァー長官の片腕として働いてきたフェルトが、ニクソン大統領の法律顧問ジョン・ディーンに自分の仕事を話すところから始まる。「FBIは、重要な人物が妻以外の男女と親密にしている証拠を、すべてつかんでいました」。フーヴァーはそれで歴代の大統領を恐喝し、どんなに政権が代わっても揺るがない権力を守ってきた。

 ところが、そのフーヴァーが72年5月に、ついに亡くなる。フェルトは長官の後任はナンバー2である自分だろうと期待するが、ニクソン政権はL・パットリック・グレイという海軍の軍人をFBIトップに据えた。FBIを自分の掌中に収めるためだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』