>   >   > 河合幹雄の法痴国家ニッポン【63】/【座間9遺体殺人事件】なぜ異常な殺人を犯したか?
連載
河合幹雄の法痴国家ニッポン【63】

【座間9遺体殺人事件】“凡庸なる殺人者”白石はなぜかくも異常な連続殺人を犯したか?

+お気に入りに追加

法と犯罪と司法から、我が国のウラ側が見えてくる!! 治安悪化の嘘を喝破する希代の法社会学者が語る、警察・検察行政のウラにひそむ真の"意図"──。

座間9遺体殺人事件

1801_P104-105_img001_200.jpg

2017年10月、神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が発見され、警察は白石隆浩容疑者(27)を死体遺棄容疑で逮捕。警察の調べによると白石容疑者は、ツイッターを利用して自殺願望を持つ女性たちを自宅アパートへ誘い出し次々に殺害。遺体を解体し、頭部をクーラーボックス等に保管していた。金銭・性的暴行が目的だったと供述している。


「神奈川・座間9人“猟奇殺人”『宮﨑勤』との共通点」(「AERA dot.」2017年11月6日付)

「《座間9遺体 史上最悪の『快楽殺人』》白石隆浩は遺体損壊をスマホで撮影していた」(「週刊文春デジタル」同16日付)

 17年10月末、神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が発見された事件。日本の犯罪史上、一家皆殺しや放火などで一度に大量の人が犠牲になるのではなく、いわゆる連続殺人で9人の被害者を出すのはきわめて特異なケース。それだけに週刊誌などは、センセーショナルな見出しを掲げつつ過去の連続殺人事件を引き合いに出し、今回これほど被害が拡大してしまった理由を、白石隆浩容疑者の異常性や犯行の手口の巧妙さに求めようとしています。

 しかし、それは違うのではないか。報じられた事実から判断するに、彼の人格や犯行内容には、多くの殺人事件と比べてさほど特異な点は認められない。過去に世を騒がせた連続殺人との共通項は少なく、むしろごく一般的な殺人に分類すべき要素を多く含んでいる。それが現時点での私の見立てです。

 どういう点からそう判断できるのか。またその見解が正しいとして、ではなぜこれほど大量の犠牲者が出てしまったのか。さらに、そこから見えてくる“9人”という数字の持つ意味とはなんなのか。今回はそうした疑問に答えていきたいと思います。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』