>   >   > 河合幹雄の法痴国家ニッポン【63】/【座間9遺体殺人事件】なぜ異常な殺人を犯したか?
連載
河合幹雄の法痴国家ニッポン【63】

【座間9遺体殺人事件】“凡庸なる殺人者”白石はなぜかくも異常な連続殺人を犯したか?

+お気に入りに追加

法と犯罪と司法から、我が国のウラ側が見えてくる!! 治安悪化の嘘を喝破する希代の法社会学者が語る、警察・検察行政のウラにひそむ真の"意図"──。

座間9遺体殺人事件

1801_P104-105_img001_200.jpg

2017年10月、神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が発見され、警察は白石隆浩容疑者(27)を死体遺棄容疑で逮捕。警察の調べによると白石容疑者は、ツイッターを利用して自殺願望を持つ女性たちを自宅アパートへ誘い出し次々に殺害。遺体を解体し、頭部をクーラーボックス等に保管していた。金銭・性的暴行が目的だったと供述している。


「神奈川・座間9人“猟奇殺人”『宮﨑勤』との共通点」(「AERA dot.」2017年11月6日付)

「《座間9遺体 史上最悪の『快楽殺人』》白石隆浩は遺体損壊をスマホで撮影していた」(「週刊文春デジタル」同16日付)

 17年10月末、神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が発見された事件。日本の犯罪史上、一家皆殺しや放火などで一度に大量の人が犠牲になるのではなく、いわゆる連続殺人で9人の被害者を出すのはきわめて特異なケース。それだけに週刊誌などは、センセーショナルな見出しを掲げつつ過去の連続殺人事件を引き合いに出し、今回これほど被害が拡大してしまった理由を、白石隆浩容疑者の異常性や犯行の手口の巧妙さに求めようとしています。

 しかし、それは違うのではないか。報じられた事実から判断するに、彼の人格や犯行内容には、多くの殺人事件と比べてさほど特異な点は認められない。過去に世を騒がせた連続殺人との共通項は少なく、むしろごく一般的な殺人に分類すべき要素を多く含んでいる。それが現時点での私の見立てです。

 どういう点からそう判断できるのか。またその見解が正しいとして、ではなぜこれほど大量の犠牲者が出てしまったのか。さらに、そこから見えてくる“9人”という数字の持つ意味とはなんなのか。今回はそうした疑問に答えていきたいと思います。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』