>   >   > 林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」/【BOSS THE MC】20年間、〈トーク〉をやめなかった男
連載
『林賢一の「ライク・ア・トーキングストーン」』【31】

ラップとトーク、縛られることのない「魂と魂の会話」――【BOSS THE MC】20年間、〈トーク〉をやめなかった男

+お気に入りに追加

――元放送作家で、現在は脚本家として心機一転活動する林賢一が、生のトーク現場に裸一貫突入! 事務所の大看板・古舘伊知郎を始めとした先達たちが繰り広げるトークライブをレポートする。

『THA BLUE HERB 結成20周年ライブ』

1712_poster_250.jpg

人物:BOSS THE MC 日時場所:2017年10月29日 @日比谷野外大音楽堂
1997年に結成されたヒップホップグループTHA BLUE HERBの20周年記念ライブ。さんピンCAMPが開催された伝説の日比谷野音にて、BOSSが発したトークとは!?


 ヒップホップにおけるトークを考えるのは厄介だ。言うまでもなく、ラップという存在自体が「口語に近い抑揚をつけて発声する唱法」だからだ。つまり、ラップそのものがトークであるとも言える。筆者はヒップホップの専門家ではないため、いわゆるリズムに乗せたリリックについては本稿で触れない。あくまでもTHA BLUE HERBのMCであるBOSS THE MCのトークについて焦点を合わせたい。

 1996年、日比谷野外大音楽堂で伝説のヒップホップイベント「さんピンCAMP」が開催された。この年、BOSSは音楽活動を始めていたが、THA BLUE HERBはまだ結成されていなかった。日本のヒップホップの聖地となった日比谷野音で、THA BLUE HERBが20周年記念ライブを行う。それを聞いた瞬間、「BOSSはどんなトークをするんだろう?」と胸が躍った。トーク好きな彼が、さんピンCAMPについて触れないわけがないからだ。

「ド派手に野音ごと、かっさらっちまおうぜ!」

 台風のため豪雨となった会場でそう高らかに宣言した後、BOSSはリリックを紡いでいった。ライブ前半のトークはさほど多くなかった。「野音だろうが関係ない、しょせんは1対1っしょ」「どっちみち開き直ってんだから、開き直ったほうが楽だぜ」など、曲の合間にさらっと話しはすれど、あくまでもラップに集中しているように見えた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ