>   >   > 彼女の耳の穴/萩原みのり

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1709_mimi01_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

Touching song

1709_mimi_ituka_100.jpg

ゆず
「いつか」
1999年に発表された、ゆず通算4枚目のシングル。冬をテーマにしたマキシシングルの表題曲で、愛する人を全力で守る決意が歌われる。


 ひとりでいるときは常にイヤホンをしているくらい音楽は大好きで、移動中もずっと音楽を聴いています。ただ私、すごい田舎っ子で、小学2年生から新体操ばっかりやっていたから、子ども時代にテレビとかネットにあまり触れてないんですよね。だから、学校の友だちが聴いてるアーティストも全然知らなくて、YouTubeの存在も中学校に入って初めて知ったぐらい。だけどいったん知ってからはネットで音楽を聴き漁るようになって、ニコニコ動画も観るようになるんですけど、そのときちょうど『らき☆すた』が一挙配信されていて。実は、それが初めてちゃんと観たアニメだったんですけど、「アニメ、面白い!」ってなって、そこからアニソンとかも聴くようになって……そのあとボーカロイドにハマるんです。中学の一時期はボカロしか聴いてなかったかも。あとは、歌い手さんですね。96猫さんとか“両声類”っていう、男の声も女の声も両方歌える歌い手さんたちの曲が大好きで……「これは新しい!」って思って、当時はそればっかり聴いていましたね。

 その頃から、歌詞の意味とかを考えながら聴くようになって、そのときの自分の感情に合うものをいろいろ探すようになったんです。つらいときに楽しい曲を聴くんじゃなくて、つらいときにはつらい曲を聴きたいほうなんですよね。あと、私、実は中学2年生のときに、とあるストリートミュージシャンにハマって、路上ライヴの追っかけみたいなことをやっていたんです。アコギを持った2人組の大学生だったんですけど、主にゆずさんのカバーとかを演っていて。名古屋駅前を歩いていたら男の人がほとんど叫んでいるような感じで歌っていて、「なんだろう、この人たちは?」って足を止めたのがきっかけで、気がついたら毎日通うようになっていたんです。その頃私は、中学受験して入った新体操の強豪校に通っていて、入学してすぐ全国大会まで行ったんですけど、そのあとドクターストップがかかって、新体操が続けられなくなってしまったんです。で、それを機に新体操をやめてしまうんですけど……そうなったときに、ホント何もなくなってしまったというか、毎日何をしたらいいかわからなくなってしまって。そういう空っぽの状態で歩いていたからこそ、刺さったのかもしれないです。その人たちが演っていた、ゆずさんの「いつか」という曲の歌詞がものすごく響いて……というか、その人たちの音楽で何か保てたというか、結構ボロボロの精神状態だったのが、少しずつ回復していったんですよね。だから、その人たちがカバーしていた曲は、いま聴いても何か独特の聴こえ方をするというか、東京でその曲を聴くと、当時のことをいろいろ思い出してしまいます。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』