サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  > 彼女の耳の穴/岡田結実

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1708_mimi01_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

Touching song

1708_jacket_100.jpg

RADWIMPS
「いいんですか?」
06年に発売された通算4枚目のアルバム『RADWIMPS 4~おかずのごはん~』所収の1曲。ファンに囲まれ演奏するMVもあり、印象的である。


 音楽は大好きです! 音楽がなかったらどう生きているんだろうって思うぐらい、毎日音楽を聴いています(笑)。好きで聴くのはバンド系が多いです。ギターの音が特徴的な、ザ・バンド!みたいな音楽が昔から大好きなんです。学校の友だちはE-girlsや西野カナさんを聴いているけど、私はあまり女性が歌っている音楽は聴かなくて、男性のバンドばっかりですね。小学校低学年のときに、お母さんが車のなかでRADWIMPSをかけていたんですよ。で、「4645」という曲が流れたときに「あ、素敵だな」って思って。それ以来ずっとRADWIMPSが大好きで……そもそも音楽への入り口がバンドだったんですよね。

 ほかには何が車で流れていたかな……ORANGE RANGEとか九州男とか湘南乃風とか? お母さんも男性アーティストの曲が好きというか、母も私もそんなに声が高くないので、女性の歌だとうまく歌えないんですよね。あと、私には3つ上の兄がいるんですけど、兄はEXILEやHey!Say!JUMPさんとかを聴いていて、そういう女の子が好きになるようなものばかり聴いているんですよね。アイドルもよく聴いているし。そのへんは私と真逆なんですよね(笑)。

 まだまだ新しい音楽に出会いたいと思っているので、普段は音楽アプリをよく使っています。アプリを使って好きな曲を探しながら、たまたま流れてきた曲を聴いて、「あ、これいいじゃん」って好きになったり。私がいま推しているsumikaっていうバンドも、そんなふうに偶然知ったバンドで、そこに何か運命的なものを感じるんです(笑)。あと、「とけた電球」っていうバンドもすごくいいんですよ。それから、友だちがカラオケで歌っているのを聴いて、「歌詞がすごくいい」と思ってクリープハイプも聴くようになりました。「二十九、三十」という歌だったんですけど、そのときの私の心情と合っていたというか……一生懸命前に進もうとしているんだけど、なぜかちょっとズレてしまうっていう(笑)。やっぱり、歌詞に惹かれることのほうが多いのかな? 最初は声質から入って、歌のリズム感を見て……でもいちばん重要なのは、やっぱり歌詞っていう。RADWIMPSを超える人は、まだ現れてないですけど(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』