サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  > 彼女の耳の穴/岡田結実

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1708_mimi01_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

Touching song

1708_jacket_100.jpg

RADWIMPS
「いいんですか?」
06年に発売された通算4枚目のアルバム『RADWIMPS 4~おかずのごはん~』所収の1曲。ファンに囲まれ演奏するMVもあり、印象的である。


 音楽は大好きです! 音楽がなかったらどう生きているんだろうって思うぐらい、毎日音楽を聴いています(笑)。好きで聴くのはバンド系が多いです。ギターの音が特徴的な、ザ・バンド!みたいな音楽が昔から大好きなんです。学校の友だちはE-girlsや西野カナさんを聴いているけど、私はあまり女性が歌っている音楽は聴かなくて、男性のバンドばっかりですね。小学校低学年のときに、お母さんが車のなかでRADWIMPSをかけていたんですよ。で、「4645」という曲が流れたときに「あ、素敵だな」って思って。それ以来ずっとRADWIMPSが大好きで……そもそも音楽への入り口がバンドだったんですよね。

 ほかには何が車で流れていたかな……ORANGE RANGEとか九州男とか湘南乃風とか? お母さんも男性アーティストの曲が好きというか、母も私もそんなに声が高くないので、女性の歌だとうまく歌えないんですよね。あと、私には3つ上の兄がいるんですけど、兄はEXILEやHey!Say!JUMPさんとかを聴いていて、そういう女の子が好きになるようなものばかり聴いているんですよね。アイドルもよく聴いているし。そのへんは私と真逆なんですよね(笑)。

 まだまだ新しい音楽に出会いたいと思っているので、普段は音楽アプリをよく使っています。アプリを使って好きな曲を探しながら、たまたま流れてきた曲を聴いて、「あ、これいいじゃん」って好きになったり。私がいま推しているsumikaっていうバンドも、そんなふうに偶然知ったバンドで、そこに何か運命的なものを感じるんです(笑)。あと、「とけた電球」っていうバンドもすごくいいんですよ。それから、友だちがカラオケで歌っているのを聴いて、「歌詞がすごくいい」と思ってクリープハイプも聴くようになりました。「二十九、三十」という歌だったんですけど、そのときの私の心情と合っていたというか……一生懸命前に進もうとしているんだけど、なぜかちょっとズレてしまうっていう(笑)。やっぱり、歌詞に惹かれることのほうが多いのかな? 最初は声質から入って、歌のリズム感を見て……でもいちばん重要なのは、やっぱり歌詞っていう。RADWIMPSを超える人は、まだ現れてないですけど(笑)。

1708_F_DSC1047_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

 RADWIMPSの魅力は、やっぱり野田洋次郎さんにしか書けない歌詞になっているところですね。題名のつけ方も独特で、「37458」って書いて“みなしごはっち”って読ませたり、「05410-(ん)」って書いて“おこして”って読ませたり。そう、RADWIMPSの「いいんですか?」という曲を聴いたときに、「こんなにも人を好きになることが、私が生きていくなかであるのかなあ」ってちょっと怖くなったことがあって。こういう歌詞を書ける人は、ホントに素敵だなって思います。

 私は、小学4年生のときから4年間、『天才てれびくん』というNHKの教育番組に出させてもらっていたんですけど、その番組には歌のコーナーがあって。私は歌があまり得意じゃないので、とにかく大変だったんですよね。歌のレッスンを2週間ぐらいみっちりやってから収録して。いまこうして音楽をいっぱい聴いているのは、あのときに音楽をする人はすごいなって心の底から尊敬できたからかもしれないです。歌と音楽で気持ちを届けるのって、すごいことじゃないですか。しかも、自分で作詞作曲して歌うなんて……ホント、想像できないぐらいすごいなって、そのとき思ったんですよね。

1708_F_DSC1116_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

 というわけでRADWIMPSを好きになってからは結構長いんですけど、実はライヴに行ったことがないんですよね。だから、あんまり「ファンです!」って声高には言いにくいところがあって……。というか、そもそも音楽のライヴにはまだほとんど行ったことがないんです。いちばん最初に行ったのは、親と一緒に行った「ヘキサゴン」のライヴだったかな? 上地雄輔さんが出ていて。それで、ひとりで好きなバンドのライヴに行くっていうのは、今年になってからなんですよね。ひとりで行くのを親に許されたのが今年からなので。うちはそういうところが結構厳しいんです。基本的に門限も21時だし。でも、仕事の友だちとかと遊ぶと、どうしても夕方以降になっちゃうじゃないですか。そのときは、必ず親に連絡しないといけないんです。しかも、誰と遊ぶのか、どこで遊ぶのか、写真を撮って送らないとダメっていう(笑)。厳しいですよね。

 今後、歌手としてデビューする予定? いや、音痴なのでそれはないと思います(笑)。お母さんは普通にうまいんですけど、お父さんのDNAが強すぎたのか、兄も私も音痴になってしまって。そう、たまにWiiカラを使って家族みんなでカラオケをするんですけど、父の歌う矢沢永吉さんの曲が結構すごいんですよ。みんなで「音痴!」と言いながら聴いています(笑)。でも、一度くらいはひとりでお客さんの前で歌って拍手されたいかも。『天てれ』に出ていた頃、ほかの子たちと一緒にステージで歌う機会があったんですけど、大勢の前で歌って拍手してもらえるのって、ホント気持ちいいんですよね。とはいえ、歌はヘタだと決まった人生なので……あ、ミュージック・ビデオには出てみたいです。好きなアーティストさんのミュージック・ビデオに。まずは、そこですかね(笑)。

(構成/麦倉正樹)
(ヘア&メイク/TAKACO)
(スタイリング/吉田あかね)

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

岡田結実(おかだ・ゆい)
2000年4月15日、大阪府生まれ。1歳のときにジュニアモデルとしてデビュー。10年より『天才てれびくん』(Eテレ)に出演。11年に「ニコ☆プチ」(新潮社)の専属モデルとなって以降、モデルとしての活動を本格化。現在は、「ViVi」(講談社)のレギュラーモデルを務める一方、バラエティ番組にも数多く出演。今年2月には、映画『傷だらけの悪魔』で女優デビューも果たした。父は、お笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ