>   >   >  町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第114回/『ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密』
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第114回

『ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密』――創業者はヒーローか? “マクドナルド的”がアメリカを支配する

+お気に入りに追加
サイゾープレミアが100円で読める!!

『ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密』

『ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密』――創業者はヒーローか?マクドナルド的がアメリカを支配するの画像1

アメリカ中西部で、シェイクミキサーのセールスマンとして働くレイ・クロックのもとに、徹底的な合理化を図るドライブインレストラン「マクドナルド」から、8台もの注文が入った。彼らのビジネスに興味を持ったクロックは、フランチャイズ契約を結び、瞬く間に店舗数を増やしていくが……。

監督:ジョン・リー・ハンコック、出演:マイケル・キートンほか/7月29日劇場公開予定。


『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』は、マクドナルドのファウンダー(創業者)、レイ・クロックを描く実録映画である。

 え? マクドナルドの創業者はマクドナルド氏じゃないの?

 それこそまさにこの映画のポイントだ。

 1954年、レイ・クロック(マイケル・キートン)は、ミルクセーキを一度に5杯シェイクできる機械をセールスしていた。そこに、ロサンゼルス郊外の住宅地サン・バーナディーノから8台も注文があった。一度にこんなにたくさんものミルクセーキを作るのか? どれだけ繁盛してるんだ?

 その店こそがマクドナルド兄弟のハンバーガー店だった。

 兄弟は最初、バーベキュー屋を経営していたが、ふと気づいた。注文の8割はハンバーガーとフライドポテトだった。だったら、それ以外の商品をメニューから外そう。ここから徹底した無駄の排除が始まった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
サイゾープレミアが100円で読める!!

Recommended by logly
サイゾープレミアが100円で読める!!!!!!

2017年7月号

コーネリアスが語る沈黙の11年

コーネリアスが語る沈黙の11年
    • 【小山田圭吾】が語る音楽と息子

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 一ノ瀬りと「私の全部」

インタビュー

連載