>   >   > 【山﨑賢人】はなぜゴリ押しされるのか?

――原作付き実写映画ばかりが量産される邦画業界で、“王子”の名をほしいままにしている山崎賢人。数多くの恋愛マンガ原作映画にヒロインの”相手役”として抜擢されてきたが、なぜそこまで人気なのか? むしろ本当に人気があるのか? 事務所のゴリ押しを疑うような山崎賢人の、映画主演の背後にある業界の事情とは。

1612_yamazaki01_250.jpg
数冊発行されている山崎賢人の写真集。映画やテレビではなかなか見られない、文字通り赤裸々な姿にお目にかかれる。ファンでなくとも好きになる!?

 今シネコンに行けば、必ず山﨑賢人の主演映画が上映されている――これは決して大袈裟な表現ではない。この1年で見ても『ヒロイン失格』(2015年9月)、『orange―オレンジ―』(15年12月)、『オオカミ少女と黒王子』(16年5月)、『四月は君の嘘』(16年9月)と、4本もの映画で立て続けに主演に抜擢されている。さらにその間、テレビドラマでも、連続テレビ小説『まれ』(NHK/15年3月~)、『デスノート』(日本テレビ/15年7月~)、『好きな人がいること』(フジテレビ/16年7月~)と、連続して主役クラスで出演。そして17年には映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(夏公開予定)、『一週間フレンズ。』(17年2月)、『斉木楠雄のΨ難』(公開日程未発表)など原作モノの実写化作品に主演する予定。これは不自然なほどの超ハイペースだ。

 しかも山﨑が一躍有名になったのは、ほんの2年ほど前、14年に公開した映画『L♡DK』からだ。剛力彩芽と共に高校生の恋愛を演じ、「壁ドン」ブームの火付け役にもなったが、だからと言ってほかにも人気の若手俳優は多くいるため、これほどまでに主演に引っ張りだこになるような器なのか、と聞かれれば疑問が湧いてくる。もちろん『L♡DK』以来、“王子”と評され、女子高生を中心とした若い世代に人気があるのは確かだ。しかし世間のイメージは「最近出てきたばかりの若手俳優のひとり」というのが大半であり、主演クラスの俳優というイメージはないだろう。この山﨑賢人連続主演現象の裏側には、単に“売れっ子”という言葉だけでは片付けられない何かがあるのでは――そう考えずにはいられないような状況となっている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」