>   >   > 【性犯罪】と法のスリリングな関係
第1特集
法で裁けないヤバすぎる性犯罪【1】

殺人事件の裏にある強姦・死姦…異常性愛者は“更生”できない!? 性犯罪と法のスリリングな関係

+お気に入りに追加

――強姦致傷容疑で逮捕された高畑裕太の一件では、被害女性との示談が成立し、不起訴処分となった。では、性犯罪で逮捕された者を弁護するプロセスとは、いかなるものなのか? また、「性犯罪者は再犯率が高い」という言説もあるが、法によって性犯罪者を“正す”ことは不可能なのか? 性犯罪とそれをめぐる法律のキワどい実態を暴きたい!

1611_seihanzai07_230.jpg
メーガン法を導入しているアメリカの多くの州は、ネット上で性犯罪の前科がある者の居場所を公開している。

 2016年8月、高畑裕太が滞在中のホテル従業員に対する強姦致傷容疑で逮捕されたが、9月に被害女性との示談が成立し、不起訴になった。有名女優の息子で売り出し中の俳優による性犯罪ということで、芸能ニュースは大騒ぎとなった。

“性犯罪”とよく言われるが、法律においては“性犯罪”というくくりはなく、性的動機による犯罪を俗に“性犯罪”と総称している。具体的には“強姦罪”や“強制わいせつ罪”が思い浮かぶが(特定の被害者がいない“わいせつ物陳列罪”や“公然わいせつ罪”はここでは除外して考える)、それだけでは性犯罪の実態を表しているとは言い難い。というのも、痴漢は下着の中に手が入れば“強制わいせつ罪”になるが、服の上から触る行為は“迷惑防止条例違反”であるし、下着ドロは“窃盗罪”、のぞきは“住居侵入罪”として処理されるからだ。さらには、このような恐ろしい話を、桐蔭横浜大学法学部教授の河合幹雄氏が語る。

「調査によると、無期または死刑となった殺人事件の被害者のうち、3分の1ほどは死亡前か後かに性的暴行を受けている。その場合、司法解剖後に遺体をきれいに洗い、遺族には強姦・死姦の事実は伏せてお返ししているようです。強姦や死姦の事実を明らかにしたところで、それ以上の刑罰にはできないし、遺族の感情を傷つけるだけですからね」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論
    • 【ウェブ編集vs雑誌編集】討論会
    • 【ジャニーズ】動画ビジネスの是非
    • 【元NMB・高野祐衣】が美ボディ披露
    • 動画配信サービスと【JKの本音】
    • 【72歳】のユーチューバーが登場
    • 【Creepy Nuts】がヒップホップ動画を斬る
    • アジア人ラッパーがバズる【88rising】
    • 【88rising】の気鋭アーティスト6選
    • 大手企業が群がる【eスポーツ】
    • 【学者vs業界団体】がガチバトル
    • 検閲とエロの【中国ウェブ文化】
    • 【ライブチャット】が流行る中国
    • スラムと【マフィアとグロ動画】
    • 【Amazon】がテレビ局になる日
    • 【インド市場】で動画配信戦争が勃発
    • 【民泊利権】に群がる宿泊&住宅サイト
    • ネット配信が【AV】に与えた影響
    • 【配信専属AV女優】は何を思う?

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【橋本乃依】芸能界1年生が描く青写真
    • 【想田和弘】「観察映画」に託した未来
    • 【桜井莉菜】35歳現役ギャルモデルの提言
    • 【DJ CHARI&DJ TATSUKI】最先端ヒップホップの形

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』