>   >   > 【元・SKE 山下もえ】が分析! 『あまちゃん』が描くAKBのリアルさ
第1特集
【premium限定ロングVer.】元・SKE48が見る『あまちゃん』のリアルさ

【元SKE48・山下もえ】が『あまちゃん』を分析!『秋元先生のパロディが面白い』

+お気に入りに追加

──NHKの訓覇圭プロデューサーが「特定のアイドルグループは想像していない」と、『あまちゃん』で描かれる「GMT47」と「AKB48」の関係性を否定したものの、やはり、その設定は類似し過ぎているように思える。ならば、当事者が見たらどう感じるのか?元SKE48一期生の山下もえちゃんに分析してもらった。

1310_yamashita_01.jpg
(写真/高島裕介)

「“個人的な”目線ですが、『あ、これはAKB48をモデルにしているのかな?』と思うところもあって……」

 自身が月曜のレギュラーアシスタントを務めるラジオ番組「ミュ~コミ+プラス」(ニッポン放送)の7月15日放送回にて、SKE48のエース・松井玲奈が『あまちゃん』(NHK)について語った。その中で彼女は、

「落ち込んでいる時でも、笑っている時でも、一瞬でも光っていない時がないくらい(あまちゃんの)目がキラキラしていて。(中略)AKBの大島優子さんも同じ目をしているんです」
「(モデルにしているのかなと)一番感じたのは、国民投票」
「“奈落”って、AKBで言うと研究生」
「太巻(荒巻太一)さんが秋元先生にしか見えない」

と、『あまちゃん』の中で描かれるアイドルの現場風景が、AKBグループのそれに似ていると話している。

「東京編」を中心に、主人公・天野アキがアイドルとして活動するという設定において、アキが所属する「GMT47」、ファン投票でメンバーのランク付けをする「国民投票」、姉妹グループ(上野アメ横女学院)の正規メンバーの代役を務める「シャドー」など、そのモデルが“明らかに”AKBであることは、当事者でも認めるところなのだ。

 しかし、ファンの間では「『あまちゃん』で今日も秋元康批判をやってる」と揶揄されるほどの、秋元康をはじめとした制作サイドの描かれ方については、当人たちはどう捉えているのだろうか――?

 先述のラジオでも、メインパーソナリティである吉田尚紀アナの「AKB関係者はあれをどう見ているのか?」という質問には、松井は「どうなんですかね(笑)」と答えるに留まっていた。

 そこで、彼女と同じSKEの一期生としてデビューし、2009年に卒業、現在は地元名古屋を拠点に活動するアイドルグループ、「CAMOUFLAGE(カモフラージュ)」に所属する山下もえちゃんに、SKE時代の様子を振り返りながら、『あまちゃん』の“リアルさ”について聞いてみることにした。

  *    *    * 

――早速ですが、『あまちゃん』は毎日ご覧になっていますか?

山下もえ(以下、山下) いえ、実は私はたまに観るくらいで。お母さんが毎回録画をしているほど『あまちゃん』の大ファンなので、それに便乗して時々観ています。

――率直な感想はいかがです?

山下 主人公の天野アキ(能年玲奈)ちゃんが、めちゃくちゃかわいいなと思いました! それと……秋元先生のパロディが、すごく面白いなと(笑)。

――やはり、山下さんから見ても、古田新太さん演じる荒巻太一は、秋元先生をモデルにしていると思ったんですね。

山下 最初はそうとは知らずに観ていたんですが、腕を組む仕草がそのものですよね。「さすがにこれはギリギリだろ!」って。

――あの仕草は、一目瞭然ですよね。ただ、放映をしているNHKサイドは、AKBとの関係性について否定しているんですよ。

山下 そうなんですか? でも、アキちゃんが所属していた「GMT47」というグループの名前からして、明らかなパロディですよね。

――おっしゃる通りだと思います(笑)。全国のご当地アイドルを集めて、劇場公演をやりながら国民的アイドルを育てるというプロジェクトのコンセプトからして、AKBグループを連想せずにはいられませんよね。観ていて、「ああ、こんなことあったな」と共感する部分はありませんでしたか?

山下 マネージャーの水口琢磨(松田龍平)がメンバーに厳しいことを言っているシーンでは、昔を思い出しました。アイドルグループとしての厳しさは、共通しているんだなと。私が今いるグループでは、メンバー8人全員で活動ができていますが、SKEの頃は「選抜」という言葉に過剰に反応していた時期もありました。今年卒業した桑原みずきと一緒にいる時に、「選抜高校野球」という言葉を聞いて、「はっ! 選抜!」って反応してしまったことがあるくらいです(苦笑)。それほどシビアだった時代の自分と、アキちゃんを重ねて見てしまうんですよ。だからいつも、「頑張れ!」って思いますね。

――実際に、SKE在籍時に言われた厳しいことで、印象に残っていることはありますか?

山下 厳しいことはたくさん言われたんですけど、特に印象に残っているのは、オーディションの時のことです。SKEの一期生オーディションに受かったのは、22人。私はあまりAKBのことを知らずに受けたので、「正規メンバーになれるのは、その中の16人だけ」ということを合格発表の後に初めて聞いて。受かったと思ったのに、ここからさらに選ばれる人と選ばれない人がいる、というのは怖かったです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年2月号

マンガ(禁)大全2018

マンガ(禁)大全2018
    • 【マンガ業界】最新動向
    • ネット時代【リイド社】の戦略
    • 【韓国】ウェブトゥーンが凄い
    • 【韓国マンガ】傑作6選
    • 【しらほしなつみ】コミケで見られない素顔
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【お笑い芸人・おたけ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【田中考】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【辛酸なめ子】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【精神科医・岩波明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【クロサカタツヤ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【磯部涼】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【小林雅明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【更科修一郎】
    • 【井出智香恵】背筋も凍るレディコミ
    • 【リバーズ・エッジ】映画化のナゼ
    • 肉食系女子が読む【岡崎京子】座談会
    • 【少女マンガ】のファッション研究
    • プロが見る【風早くん】の服装
    • 服部昇太【80年代】マンガへの礼賛!
    • 【ナチス描写】の海外規制事情
    • 【エロ描写】は海外でこう扱われる!
    • 本家を超える【スピンオフ】を探せ!
    • マンガの神様の【スピンオフ】作品
    • ポスト【ウシジマ】貧困マンガ
    • 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖
    • マンガ家【下半身ゴシップ】

基礎教養としてのフリーメイソン

基礎教養としてのフリーメイソン
    • 【橋爪大三郎×フリーメイソン幹部】陰謀論の基礎知識

酒井萌衣「卒業」と「初体験」

酒井萌衣「卒業」と「初体験」
    • 【酒井萌衣】元SKE48が初水着!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • マルサの女/【わちみなみ】
    • 【柳ゆり菜】初めてジャネットで踊った日
    • 【岡田サリオ】時代は巨乳から巨尻へ
    • 【沙月とわ】海に行ったことがない女
    • 巨人のコーチになった異色の陸上選手
    • 私と【美玲】を連れてって
    • 2018年は本格的なIT制度の見直しが始まる
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【ヤリマン】のトークに無限の可能性
    • 【アイドル】が音頭に没頭する背景
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【AV出演強要問題】女優たちの悲痛な願い
    • 【新型うつ病】が隆盛する生きづらい日本
    • 町山智浩「映画でわかる アメリカがわかる」/『スリー・ビルボード』
    • 【ポスト・トゥルース時代】の保守とリベラルの役割
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/UFO入門2018
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • なぜ女芸人は「ブス」をネタにするのか?
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」/span>
    • 幽霊、それでもマンガは楽しき商売。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』