サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 今注目の【イッちゃってるBEST】エログロ映画
第1特集
過激化するエログロ映画【2】

編集部が選ぶ! 今注目のイッちゃってるBESTエログロ映画

+お気に入りに追加

 エログロ映画界をリードする5ジャンル別に、編集部注目の映画を紹介していこう! ※エロ度、グロ度は5段階評価です。

1403_ero_01.jpg

●乱狂した母が息子(のムスコ)を無理やり去勢
『メビウス』
公開年:13年/製作国:韓国/監督:キム・ギドク


1403_ero_02.jpg

エロ度 : ★★★★☆ グロ度 : ★★★★★
韓国エログロ界の重鎮キム・ギドク監督の最新作。父親の浮気が原因で崩壊した家庭に育った男の物語を描く。作中、近親相姦や子供の性器を切る親が描写されており、比較的に映画表現規制が厳しくない韓国でも公開制限を受けた。監督は規制について「社会のルールだから」と意外に謙虚な姿勢を見せつつ、意見書はしっかりと提出するという反撃に出ている。



1403_ero_03.jpg

●チ○コ! マ○コ! セックス! のオンパレード
『Nymphomaniac』
公開年:13年/製作国:デンマーク/監督:ラース・フォン・トリアー


1403_ero_04.jpg

エロ度 : ★★★★★ グロ度 : ★☆☆☆☆
色情狂=セックスに狂った女性を意味するニンフォマニア。物語の中ではシャルロット・ゲンズブールや、シャイア・ラブーフなどの有名俳優たちが、ヤってヤってヤりまくる。実際の撮影では、エキストラに本番セックスさせ、後に俳優陣を特撮で合成したそうだが、そのエロ表現は圧巻。日本では規制が入りすぎるのは必至で、公開も未定。



1403_ero_05.jpg
ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』