サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 今注目の【イッちゃってるBEST】エログロ映画
第1特集
過激化するエログロ映画【2】

編集部が選ぶ! 今注目のイッちゃってるBESTエログロ映画

+お気に入りに追加

 エログロ映画界をリードする5ジャンル別に、編集部注目の映画を紹介していこう! ※エロ度、グロ度は5段階評価です。

1403_ero_01.jpg

●乱狂した母が息子(のムスコ)を無理やり去勢
『メビウス』
公開年:13年/製作国:韓国/監督:キム・ギドク


1403_ero_02.jpg

エロ度 : ★★★★☆ グロ度 : ★★★★★
韓国エログロ界の重鎮キム・ギドク監督の最新作。父親の浮気が原因で崩壊した家庭に育った男の物語を描く。作中、近親相姦や子供の性器を切る親が描写されており、比較的に映画表現規制が厳しくない韓国でも公開制限を受けた。監督は規制について「社会のルールだから」と意外に謙虚な姿勢を見せつつ、意見書はしっかりと提出するという反撃に出ている。



1403_ero_03.jpg

●チ○コ! マ○コ! セックス! のオンパレード
『Nymphomaniac』
公開年:13年/製作国:デンマーク/監督:ラース・フォン・トリアー


1403_ero_04.jpg

エロ度 : ★★★★★ グロ度 : ★☆☆☆☆
色情狂=セックスに狂った女性を意味するニンフォマニア。物語の中ではシャルロット・ゲンズブールや、シャイア・ラブーフなどの有名俳優たちが、ヤってヤってヤりまくる。実際の撮影では、エキストラに本番セックスさせ、後に俳優陣を特撮で合成したそうだが、そのエロ表現は圧巻。日本では規制が入りすぎるのは必至で、公開も未定。



1403_ero_05.jpg

●馬とアナルセックスして死んだ男の愛の物語
『ZOO』
公開年:07年/製作国:アメリカ/監督:ロビンソン・デボール


1403_ero_06.jpg

エロ度 : ★★★☆☆ グロ度 : ★★☆☆☆
叶井俊太郎さんも買い付けをやめたというほどの問題作。2005年、アメリカで馬とアナルセックスをした結果、40代の男性が内臓損傷して死亡するという事件が起きる。そのシーンを撮影した動画がエログロ動画として流出したことにより、ワシントン州議会では獣姦および性行為の撮影を禁止する法案が通過するという騒動となった。



1403_ero_07.jpg

●美女同士のエロシーンは前菜にすぎない!?
『Cannibal Diner』
公開年:12年/製作:ドイツ/監督:フランク・W・モンタグ


1403_ero_08.jpg

エロ度:★★★☆☆ グロ度:★★★★☆
避暑地でモデル女性たちが人食い人間に襲われるという、王道カニバリズム映画。ゾンビホラー映画が好きな方にもおすすめだ。人食い族ではなく、環境汚染で人食い人間になってしまったという設定になっている。どちらにしろ人を食べるのでグロさは確か。登場する女優陣がキレイでレズシーンなどもあり、エロ要素もあり。



1403_ero_09.jpg

●100万人大虐殺を行った殺し屋が、喜々として参加
『アクト・オブ・キリング』
公開年:13年/製作:デンマーク、ノルウェー、イギリス/監督:ジョシュア・オッペンハイマー


1403_ero_10.jpg

エロ度:★☆☆☆☆ グロ度:★★★★★
1960年代のインドネシアで100万人規模の大虐殺を行ったという殺し屋が実際に出演し、その殺害方法を再現するという驚異のドキュメンタリー映画。殺し屋はインドネシアで英雄として評価され、優雅な暮らしを送っているが、当時を喜々として話す姿に異様さがにじみ出る。人間が持つ真の残酷さをえぐり出した、アカデミー賞有力候補作。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ