>   > テレビのタブーを破った男が激白! マツコ...

──地域局の番組ながら、マツコ・デラックスとミッツ・マングローブを見いだしたとして注目を集めた『5時に夢中!』。表現規制の観点から、メディアでの起用には難色を示されがちだったおネエタレントだが、同番組の大川プロデューサーは、二丁目出身の彼女たちの起用に何を狙っていたのか?

1101_5jinimuchu.jpg
『5時に夢中!』(TOKYO MX 毎週月曜日~金曜日17:00~18:00)

『5時に夢中!』は2005年の4月の放送開始当時から、毎週金曜日にゲストを呼んでいるんですけど、番組が始まってすぐ、ある方にドタキャンされまして(笑)。「収録は明日なのにどうすんだよ」と困っていたら、当時、司会をされていた徳光正行さんから「面白い人がいるよ」って、マツコさんを紹介してもらったんです。だから、収録当日までマツコさんにお会いしたことはなかったんですけど、話は面白いし、デカイし……当時のスタジオはすごく小さかったので、小さいところにデカイ人が入ってるのって、見た目のギャップが面白いじゃないですか。ちょうどその年の6月に、それまでコメンテーターに起用していた身長190cmくらいあるプロレスラーの高山善廣さんが降板されたので、「じゃあ代行をマツコさんにお願いしよう。面白いし、デカイし」と思ってレギュラー出演を依頼しました。それからしばらくして、民放キー局の番組にも出演されるようになって。その中で、2~3年くらい前までは、"出オチのキレキャラ"みたいにして扱われているマツコさんを見て、「これならカンニングの竹山さんと扱い方変わんねーじゃん」とか思って安心してたんですけど……最近はあちらのスタッフさんとも信頼関係が築けてきて、また、マツコさん自身もメディア慣れしてきた部分もあって、だいぶ素の表情が見られるようになってきましたよね。それまでは「自然体のマツコ・デラックスが楽しめるのは『5時に夢中!』だけ」的なところがあったので、「やべーな、俺らの存在意義……」って、ちょっとビビッてます(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」