> 上原善広の検索結果

上原善広 の検索結果

第1特集
危険地帯傑作ガイドブック【1】

【上原善広】街を、土を、そして民族を……"路地"を歩く原点となった書籍

―― ――日本人旅行者が増加傾向にある一方で、世界情勢が不安定となり、興味本位で危険地帯に赴いては悲惨な目に遭う人も少なくない。ここでは世界中の危険地帯や秘境を旅するスペシャリストに、危険地帯を歩くためにこ...

【上原善広】街を、土を、そして民族を……
第1特集
2010年話題の賢人がセレクトするタブー破りの本300冊【2】

ジャーナリスト・上原善広が選ぶ3冊 水木しげるのうさん臭さを追求した白眉のルポ

―― ──批評家による禁断のアーティスト本、大宅賞作家が選んだ禁忌な一冊、さらには、ネ...

ジャーナリスト・上原善広が選ぶ3冊 水木しげるのうさん臭さを追求した白眉のルポ
ニュース
今、そこにある同和問題とは?

【特別対談】西岡智×上原善広──橋下徹から解放運動まで部落解放同盟の重鎮、同和問題を語る

―― ──西岡智、80歳──。一般にはあまり馴染みのない名前かもしれないが、被差別部落...

【特別対談】西岡智×上原善広──橋下徹から解放運動まで部落解放同盟の重鎮、同和問題を語る
第1特集
ノンフィクション、その禁忌性と未来【3】

"ミスター・ノンフィクション"猪瀬直樹が喝! 「ヘナチョコ作家は自分の尺度を持って、もっと勉強しろ!」

―― ──当特集【2】までは、60年代後半~80年代生まれの新しい書き手による注目のノ...

第1特集
ノンフィクション、その禁忌性と未来【1】

立花隆、沢木耕太郎を超える作家が密やかに成長中! 若手作家台頭で拓かれるヤバいノンフィクション 

―― ──ノンフィクションのジャンルにおいては、長年ベテラン作家陣が第一線を張ってきた...

立花隆、沢木耕太郎を超える作家が密やかに成長中! 若手作家台頭で拓かれるヤバいノンフィクション 
ニュース
日本で初めて浮き彫りになった屠場の真実

本橋成一×上原善広 部落産業・屠場の写真集は根深いタブーを超えたのか?

―― ――2011年3月、写真家・本橋成一氏による写真集『屠場〈とば〉』(平凡社)が出...

本橋成一×上原善広 部落産業・屠場の写真集は根深いタブーを超えたのか?
第1特集
タブー鼎談──部落民のスゴさとタブーの変化【3】

押さえておきたい被差別問題がわかるキーワード2010issue

―― 鼎談はこちらから 【註1】『ゆうどきネットワーク』……NHKが放送する情報番組(...

押さえておきたい被差別問題がわかるキーワード2010issue
第1特集
タブー鼎談──部落民のスゴさとタブーの変化【2】

天皇と被差別部落は、表裏一体!? 大宅賞作家、猿まわし師が語る新しい被差別部落問題【後編】

―― 前編はこちら 用語集はこちら 部落関連の本にはリスクがつきまとう 和賀正樹氏。(...

天皇と被差別部落は、表裏一体!? 大宅賞作家、猿まわし師が語る新しい被差別部落問題【後編】
第1特集
タブー鼎談──部落民のスゴさとタブーの変化【1】

天皇と被差別部落は、表裏一体!? 大宅賞作家、猿まわし師が語る新しい被差別部落問題【前編】

―― 上原善広氏。(写真/佃 大平)  かつて、テレビでその姿を見ない日はないほどの人...

天皇と被差別部落は、表裏一体!? 大宅賞作家、猿まわし師が語る新しい被差別部落問題【前編】
第1特集
"路地"出身者が語る、新しい同和問題とは?

出身者のみ知るタブーの真相 形骸化した被差別部落を歩く

―― 『日本の路地を旅する』(1680円/文藝春秋)大阪、青森、東京、山口、対馬、長崎...

出身者のみ知るタブーの真相 形骸化した被差別部落を歩く
サイゾープレミアム

2019年12月号