サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > ポリコレ時代の芸人【下ネタ】論

――コンプライアンスやポリティカル・コレクトネスの観点から、下ネタが厳しい目で見られるようになっている。一方で、ライブやネット番組でコアな笑いを求める人々には相変わらず強くウケているのが実情だ。性にまつわる馬鹿馬鹿しさや哀愁は、時代は変われども人の心を惹きつける。今、芸人たちは“下ネタ”のあり方をどうとらえているのか? 紺野ぶるま、ザ・ギース、ルシファー吉岡の3組が徹底討論!

2112_re_D4_0470_1_520.jpg
画像をクリックすると、拡大します。
(写真/越川麻希[CUBISM])

――紺野さんは「ちんこ謎かけ」、ルシファーさんは『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ系)で披露された「キャンタマンクラッカー」などのコントで知られています。一方、ザ・ギースさんはあまりそのイメージはないですが、2019年に『ゴッドタン』(テレビ東京系)の「ネタギリッシュNIGHT」チャンピオン大会(ちょうどいいエロネタを披露する企画の大会)で優勝されています。まず前提として、みなさんは自分のそうしたネタを「下ネタ」だと認識していますか?

ルシファー吉岡(以下、吉岡) 何をもって「下ネタ」とするのか決めるのは難しいですが、僕の場合は周りから言われますからね。そういう意味では下ネタなんじゃないでしょうか。ただ当然、「下ネタをつくるぞ」と思ってつくっているわけではないですよ。

ザ・ギース高佐(以下、高佐) 芸風としては、最初から今みたいな感じだったんですか?

吉岡 養成所に入って最初につくったのがエレベーターでうんこを漏らすネタだったので、ナチュラルボーンですね。単純にそういうネタが好きっていう。

紺野ぶるま(以下、紺野) 私は親はもちろん、人前で言ったこともなかったんです。ちんこ謎かけが生まれたのは、たまたまというか。26歳くらいのとき、先輩芸人のねづっちさんに誘っていただいてコージー冨田さんの謎かけライブに出させてもらったんですね。その中で、低クオリティでもいいから1分半の間に何個も謎かけをするコーナーがありまして。そこで「ハンガー」というお題を出されて、パッと「ちんこと解きます。どちらも“かける”でしょう」というのを思いついたんです。

ザ・ギース尾関(以下、尾関) 急にやったわりには、わりとクオリティ高いじゃないですか。

紺野 普段出ていたようなライブだったら、女芸人が「ちんこ」って言うだけで前列のおじさんたちはもれなく爆笑するんですけど、それで手応えを感じるような芸人にはなりたくなかったし、そもそも人前で「ちんこ」なんて言っちゃいけないと思ってたので、言うかどうか迷ったんです。

高佐 さらっとディスりましたね(笑)。

紺野 でも思い切って言ってみたら、スタンディングオベーションが起きたんですよ、ちんこだけに。

吉岡 挟むなぁ。

紺野 それですごい盛り上がって、「もう全部ちんこで解いてよ」って言われたので、「手品とかけて、ちんこと解きます。どちらも“たね”を仕込むでしょう」「電車とかけて、ちんこと解きます。どちらも“えき”を飛ばすでしょう」ってどんどん続けた結果、そのライブで優勝したんです。2年くらいたってから、このときのことをねづっちさんがテレビで紹介してくださって、それがきっかけで、ちんこ1本で食べられるようになりました。

吉岡 立派なひとり立ちですね。

高佐 僕らギースは、「ネタギリッシュNIGHT」でやった「SLクラブ」(乗り物のSLとSMをかけたコント)以外にも、いくつか「下ネタ」と言われてもおかしくないネタはあるんです。ただそれは直接エロい言葉を言うことで笑わせたいわけではなく、エロを扱うからこそ哀愁や知性を感じさせるようにしたいと思っていて。下ネタ的な要素にもうひとつ何か乗っかっているネタがやりたいし、そういうのが好きですね。

尾関 下ネタというよりは、おもしろいことを考えてネタにしてるときに、たまたまそれがエロかっただけであって。

吉岡 わかる(深くうなずく)。

紺野 わかります。私も別にエロいことを言いたくてちんこ謎かけをしているわけじゃなく、「ちんこで解くことが一番おもしろい」っていう考えがまずあって、その必然性のもとにネタをやってる意識です。なので、一概に「下ネタ」とくくられたくはないと思ってますね。ちょっとめんどくさいんですけど。

尾関 そもそも僕の家は教会に通うような厳格な家庭で、性に関することは一切禁止されていたんですよ。僕が小学生だった80年代はとんねるずさんがテレビで下ネタを連発していて、親からは「あの人たちはサタンだ」って言われてました。僕自身も「上から突いて、下から突いて」とかを見て、ゾッとしてました。でも抑圧されすぎた反動で、小学校2年生でオナニーを覚えちゃったんですよね。

高佐 だいぶ早いな。

吉岡 親御さんの教育がめっちゃ裏目に出てるじゃないですか(笑)。

尾関 近所をマラソンしながらエロ本を集めたり、お風呂で石鹸を使っていじる小学生になっちゃいました。

吉岡 教育って難しいですね。

――下ネタをやることで、軽く見られるようなこともあるんですか?

紺野 ちんこ謎かけを始めた頃は、フル勃起したちんこのDMがめっちゃ送られてきてました。当時の私は髪が茶色くてちょっとエッチな衣装を着てたんですけど、これじゃダメだと思って、髪を黒くしてピシッとした服装にしたんです。ネタもより本気でやるようになって、そういうDMは来なくなりました。

吉岡 髪形や服装もあるかもしれないけど、それよりも「この人は何を言ってもひるまないし、全部をネタにされて終わるな」って周知されたからDMが来なくなったんじゃないですかね。

紺野 あ〜、そういうのもあるかもですね。でも、「それは私じゃないほうがいいだろう」っていうくらいエロい企画の番組にばっかり呼ばれることも多かったですよ。トークでも打ち合わせでも取材でも、経験人数とか「最近いつエッチしました?」とか普通に聞かれたり。

吉岡 それはただのセクハラだよね。

高佐 それはつらいなぁ。

紺野 私としては、ここまでちんこって言ってたらモテやエロとは無縁の人として扱われると思っていたのに、むしろ逆でしたね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年4・5月号

バーレスク東京・ももグラビア

バーレスク東京・ももグラビア

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ