サイゾーpremium  > 連載  > 稲田豊史の「オトメゴコロ乱読修行」  > オトメゴコロ乱読修行【73】/ブラック・ウィドウ

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

2111_otome_blackwidow.png
マーベル公式サイト『ブラック・ウィドウ』より。

世界中で何億ドルもの興収を上げなければペイできないハリウッド製のアメコミ映画は、政治的正しさにもっとも敏感である。という意味で『ブラック・ウィドウ』は超優等生だ。ここ数年のフェミニズム、ジェンダー、シスターフッド(女性の連帯)ムーブメントを全部盛りしつつ、マーベル映画としても出色の完成度を叩きつけた。

アベンジャーズに所属するラバースーツの戦闘ねえちゃんことブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)の生い立ち、(疑似)家族との絆、元いた組織への落とし前と報復劇を描いた本作は、まず設定からして鼻息が荒い。

ナターシャがかつて所属していたスパイ養成機関の戦闘員は全員女性。彼女たちは子宮と卵巣を摘出され、生物学的な「女性の機能」を理不尽に剥奪されている。奴隷状態で過酷なミッションに従事しているが、洗脳によって「意識はあるが、本当の自分がわからない」状態のため、それが理不尽な搾取だとは気づかない。「女性とはこういうものである」という男性からの洗脳によって手懐けられた「悲しき被害女性」の象徴。そんな彼女たちは「ウィドウ(未亡人)」と呼ばれている。結婚もしていないのに、あらかじめ大切な何かを失っているのだ。

組織のボス・ドレイコフは、仕立てのいいスーツを着た金持ち感満載のパワハラオヤジ。ウィドウたちを思いのままに操り得意満面の彼は、旧世代男性のハーレム願望・子どもっぽい支配欲・お山の大将欲をごった煮にしたような男で、ナターシャに「女の子の前でしか威張れない」と図星を突かれて激昂する。「女子の考える最強の仮想敵」感がすごい。なお、彼の本拠地は『天空の城ラピュタ』のごとく雲海の中に浮いた機械要塞であり、これもムスカ的な中2感がヤバい。

ナターシャを追うのは、バイザーとフードで素顔を隠した暗殺者・タスクマスター。実はドレイコフの娘だが、彼女の特殊能力が「相手の動きを完コピできる」という点は実にクリティカル。そう、男の持ち物として最高レベルに“訓練”された女性は主体性が消える。お手本を示されての“真似”しかできないのだ。

ナターシャと連帯するのは幼い頃に生き別れた腹違いの妹エレーナ(フローレンス・ピュー)だが、彼女と姉との対比もまた実にクリティカルだ。アベンジャーズの一員であるナターシャは「女子の憧れ」として知名度と人気があり、雑誌の表紙なんかも飾るキラキラ系女子。影の殺し屋として長年地道にやってきたエレーナにとって、その姉はやや腹立たしい存在だ。陽キャ女子が気に入らない陰キャ女子の悲哀。ナターシャに対するルサンチマンを隠そうともしないエレーナがいじらしい。

しかし、エレーナは単なる陰キャに甘んじない。ブラック・ウィドウ(ナターシャ)の決めポーズともいえる三点着地(元祖は『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の草薙素子が高所から着地した際に決める、両足と片手の三点を着けるアレ)ポーズをしつこく茶化すのだ。

アメコミ世界でヒーローの決めポーズをイジるのは、合体モノのロボットアニメで合体中に敵が攻撃するのと同じくらいのタブー。にもかかわらず、エレーナは(というか製作者は)作中で何度もナターシャのポーズをイジる。

そこには2つの意味がある。

ひとつは、アメコミの女性ヒーローが歴史的に引き受けてきたお約束「ボディラインが出るピッタリスーツでポージングしてセクシーさをアピールする」、すなわち「性の商品化」に対する異議申し立て。

もうひとつは、決めポーズが象徴する「型にハメられる」ことへの嫌悪感だ。女性は長らく「髪をかきあげる」「脚を組み替える」といったテンプレしぐさ、つまり男性社会が決めた「型」に自らハマりにいくことでようやく獲得できる“女っぽさ”を(しぶしぶながらも)アイデンティティとして活用してきた。エレーナはそれを皮肉ったのだ。

いずれも男のニーズ(アメコミの読者は大半が男性である)が女のふるまいを決定づけることへの拒絶なのは自明だが、過去シリーズでブラック・ウィドウの「カッコよさ」の象徴として男どもが消費してきたポージングをにべもなくコケにするとは、なかなかである。

ナターシャとエレーナは彼女たちの育ての親であるメリーナ(2人の上世代のウィドウ)と共に、現ウィドウたちを解放しようとする。さながらウーマンリブな女三闘士による女性解放運動だが、白系の戦闘服に身を包んだ彼女たちがドレイコフの要塞に侵入するくだりは『スター・ウォーズ』シリーズに空目せざるを得ない。絵面的にも、3人はデス・スターに突入する反乱軍に重なる。

顔をマスクで覆われたタスクマスターは、さしずめ闇落ちしたアナキン・スカイウォーカーことダース・ベイダー。本当は優しい心を持っているのに、不幸すぎて陰キャに居座るしかなかったベイダーの悲劇っぷりは、彼女の悲しさに重なる。ちなみに、タスクマスター役のオルガ・キュリレンコは『007 慰めの報酬』(08年)でボンドガールに起用されたことからもわかるように、超スレンダーなスーパーモデル体形。しかし本作では顔以外に一切肌露出がない。意図を感じる。

一方、“被害女性”の代弁者的な役割を担うエレーナ役のフローレンス・ピューは、銀幕女優にしてはわりと一般人体形の中肉中背にして丸顔。オルガの身長が175センチメートルあるのに対して162センチしかない。このあたりにも、欧米を中心とした反ルッキズム気運、痩せすぎモデル規制気運をしっかりと反映している。

ところで、ドレイコフがPC的に「アウト」な男の役割なのはいいとして、本作にまともな男は出てこないのか? と言えば、一応は出てくる。

ナターシャとエレーナの疑似父親かつメリーナの疑似夫であるアレクセイだ。彼は“家長”としてふるまおうとするが、女3人をイマイチまとめられない。娘たちは彼に塩対応だが、その理由は、彼がスーパーヒーローだった「過去の栄光」だけを気にかけているからだ。いくつになっても「高校時代の俺ら最強」が生きる糧になっている男性諸氏にとっては耳が痛いリアリティであろう。

ところで、15年3月にWEB「サイゾーpremium」から始まった本連載は今回が最終回である。 

思えば、フィクションにおけるオトメゴコロの描かれ方は、年月を経てずいぶんと変わった。例えば、件の『スター・ウォーズ』。新3部作でアナキンの妻パドメを演じたナタリー・ポートマンの代表作といえば、13歳で黒髪ボブの少女マチルダを演じた『レオン』(94年)であり、文化系中年男子の8割が愛してやまない(異論は認めない)名作としても知られているが、当のナタリーは男どもが自分に向けるロリータ的イメージを当時から徹底して嫌っていた。

『レオン』から25年後の19年、ナタリーはインタビューで語った。「今見ると、あの作品はとても不適切。現代の視点で見ると、褒められない部分がたくさんある」。つるぺたロリータなローティーン少女を殺し屋の中年男がプリンセス扱いする──というかつての「名作」は、今や時代遅れのキモ男発見装置でしかなくなった。

時の流れはかくも残酷なり。男たちがオトメゴコロを学ぶ旅は続く。たぶん、一生。

[今月の格言]
男の持ち物として最高レベルに“訓練”された女性は主体性が消える

稲田豊史(いなだ・とよし)
編集者/ライター。著書は『「こち亀」社会論 超一級の文化史料を読み解く』(イースト・プレス)、『ぼくたちの離婚』(角川新書)、『ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』(PLANETS)、『セーラームーン世代の社会論』(すばる舎リンケージ)。編集担当書籍は『押井言論 2012-2015』(押井守・著/サイゾー)、『団地団~ベランダから見渡す映画論~』(大山顕、佐藤大、速水健朗・著/キネマ旬報社)など。

『ブラック・ウィドウ』
2021年・米、監督:ケイト・ショートランド。主人公たちが戦っている「敵」を見れば、その作品のテーマが浮き彫りになる――という意味で、本作の問題意識は女子の共通敵に連帯して対抗する尊さを描いた『美少女戦士セーラームーン』と一致する。いつかハリウッドで実写化されるようなことがあったら、ぜひ本作の監督&脚本コンビでやってもらいたい。なお、ケイト・ショートランドはマーベル映画としては初の女性単独監督だ。MovieNEX(ウォルト・ディズニー・ジャパン)発売中、デジタル配信中。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ