サイゾーpremium  > 連載  > 「GHOST IN THE TECH」【24】
連載
NewsPicks後藤直義の「GHOST IN THE TECH」【24】

巨大詐欺スタートアップの「呪い」を解いたシリコンバレーの血液ベンチャーの衝撃

+お気に入りに追加

――あまりにも速すぎるデジタルテクノロジーの進化に、社会や法律、倫理が追いつかない現代。世界でさまざまなテクノロジーが生み出され、デジタルトランスフォーメーションが進行している。果たしてそこは、ハイテクの楽園か、それともディストピアなのか――。

今月のテクノロジー
『グレイル』

2107_gitt_grail.png
グレイル公式HPより。

2015年に米カリフォルニア州で創業した、バイオテクノロジーを手掛けるスタートアップ。採取した血液の血中に浮遊する断片から癌を検知する技術を開発。親会社は遺伝子分析機器の世界的最大手・イルミナ社で、20年に約80億ドルで同社が買収すると発表。ところが、21年4月に、米独禁当局(FTC)が反トラスト法を理由に「待った」をかけ、動向が注目されている。

シリコンバレーは、テクノロジーによって巨大企業と、お金持ちを大量に生みだしてきた場所である。

それがゆえに、このビッグウェーブに乗り遅れたら、自分は負け犬になってしまうという恐怖心「FOMO(Fear of Missing Out)」が、まるで風土病のように広がってしまう土壌にある。

シリコンバレーの風を受けて、最先端でありたい日本のスタートアップ界隈の人たちや、意識の高いビジネスパーソンなどは、だからいつも落ち着かない。音声SNSのクラブハウスが流行していると思えば、死にものぐるいで、ユーザー登録用の「招待状」を探し回るようなタイプだ。

さて、そんなFOMOの象徴ともされる事件が、2015年に米国で大スキャンダルに発展した、血液検査ベンチャーの「セラノス」による詐欺事件だろう。

「指先からとる1滴の血液で、あらゆる病気を調べることができる!」

スタンフォード大学を中退した女性起業家、エリザベス・ホームズが率いるこの会社は、指先をチクリとやるだけで、人間の生死にかかわる、30種類以上の病気を検査できる「マシン」の開発を続けた。

まるでスティーブ・ジョブズを連想させるように、黒いタートルネック姿でいつも登場しては、ミステリアスに微笑み、ピークで時価総額9000億円という、超ド級のスタートアップを演出し続けた。

ちなみに投資した人には、ヘンリー・キッシンジャー元国務長官から、メディア王のルパート・マードックまで、錚々たる面子がそろっていたことでも、話題になった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年9月号

NEWS SOURCE