サイゾーpremium  > インタビュー  > 【釈由美子】『ロックダウン・ホテル』で怪演を魅せる!
インタビュー
釈由美子、作品の魅力から撮影秘話までを語る!

【釈由美子】「この作品はホラー映画というよりアクション映画なんです」

+お気に入りに追加

――『ゴジラ×メカゴジラ』や『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系)など、数々の映画やドラマに出演してきた釈由美子がカナダのホラー映画で化ける!?

2106_210419CYZO_YumikoSHAKU_0070_520.jpg
(写真/河西遼)

 ポストコロナ時代に向けたパンデミックホラー映画『ロックダウン・ホテル 死・霊・感・染』が7月2日に満を持して公開。同作では海外映画初出演となる釈由美子が、主演に大きな影響を与えるキャリアウーマン役を怪演している。そんな彼女に作品の魅力から、撮影秘話までを語ってもらった!

――『ロックダウン・ホテル』に出演したきっかけは?

釈由美子(以下、釈) 監督のフランチェスコ・ジャンニーニさんは「妊婦で戦う女性」というか、「陰のある女性」である“ナオミ”を演じることができる女優を探していたみたいで。そのとき、私が出演した『ゴジラ×メカゴジラ』や『修羅雪姫』などを見て、オファーをいただけたそうです。

――率直に、どう思いました?

 出産してから子育てもあり、映画は長く家を離れることになるので出演していませんでした。でも、今回は「海外作品って、どんなものなんだろう?」という好奇心が湧いてきたんです。なので、これまで経験のない海外のスタッフやキャストと仕事をするという“武者修行”のつもりでした。

――実際に、日本と海外の映画で違いは感じられました?

 大きかったのは言葉の壁でしょうか。実は私、この現場にひとりだけで参加したんです。

――マネージャーもなしですか!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年9月号

NEWS SOURCE