サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > コロナ禍の犯罪と社会問題【2】/【コロナ禍】の日本の刑務所
第1特集
コロナ禍の犯罪と社会問題【2】

クラスターの発生源なのか?――コロナ禍の日本の刑務所

+お気に入りに追加
2106_P060-065_57_320.jpg

 昨年、新型コロナウイルスが世界で感染爆発した当初、中国、イラン、アメリカ、フィリピン、ブラジルなど、さまざまな国で感染抑止策として刑務所に収容されている受刑者の多くが釈放された。

 確かに「密」な空間ではあり、日本でも今年の2月には千葉刑務所や横浜刑務所でクラスターが発生したが、他方で河合氏によると「日本の刑務所は安全地帯」とのこと。以下、河合氏の談。

「昨年、各国で受刑者の釈放や一時釈放が報じられましたが、ナイジェリアなど国によってはいまだに混乱が続いているみたいですね。

 一方で、日本の刑務所は安全です。というのも、刑務所という場所自体、いきなり入れないから。まず、先に留置所に入るので、待機期間が生まれるんですよ。

 むしろ、留置所のほうが困っているような状態です。留置所は成人と少年を分けるように法令で決められていて、絶対出会わないように区画分けしてあるのですが、今は新入りが来れば、少年がいない少年房に拘留するんですよ。そうすることで数日間してから成人用の留置房にしばらく置きます。そこである程度チェックして刑務所に入るので、刑務所は留置所よりも安全なわけです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年9月号

NEWS SOURCE