サイゾーpremium  > 連載  >   > 丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」【11】/【メーガン妃】脱出プリンセスMEGXIT!
連載
丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」【11】

【バンギン・ホモ・サピエンス】メーガン妃――脱出プリンセスMEGXIT!

+お気に入りに追加

――人類とは旅する動物である――あの著名人を生み出したファミリーツリーの紆余曲折、ホモ・サピエンスのクレイジージャーニーを追う!

メーガン妃(Meghan Markle)

2105_P074-075_waku_320.jpg
(絵/濱口健)

UK王室メンバーは政治的中立なのが普通だが、なんといってもメーガンはもともとアメリカ(黒)人。国連組織UNウィメンの支持者であり、16年の米大統領選挙ではヒラリー派、「トランプが当選したらカナダに移住する」と宣言していた。

1205_world2_520.jpg
(絵/濱口健)

 過日、ツイッターは「#女系天皇は皇統の終わり」「#旧宮家の皇籍復帰」といったハッシュタグでにぎわっていた。

 そこで私は、「日本の天皇制にとって最も有害なのは以下のうち誰か。一人選べ」としてツイッター上で投票を呼びかけた。4者択一だ。選択肢は、竹内久美子/小室さん(圭)/竹田恒泰/EXOファンのプリンセス愛子、である。

 結果は、1位=竹田恒泰64.4%、2位=小室圭21.1%、3位=竹内久美子8.2%、4位=プリンセス愛子6.2%となった。まあ順位自体は妥当といえるだろう。

 しかしだ。敬宮愛子内親王殿下の得票が6.2%もあることに、私は心を痛める。それは「女性宮家」創設の恐れがあるからか? それともK-POP好きだからか?

 皇位継承資格もない19歳女性を捕まえて「天皇制にとって最も有害」と見なすネトウヨ(たぶん)がそこそこいるという現状。それを見ている左翼の私は、ドラッグカーテル親分の娘を守るベニチオ・デル・トロ捜査官のような気分になった……。

 と、いろいろ考えているうちに、ふと思ったのだ。ここ日本の皇室にも問題はあるが、少なくとも清潔ではないか、と。

 それに比べて、世界各地の王室はシェイディな危険人物がウロウロする場所だ。邪魔者ジャーナリストに対する殺害指令を出したと思しき切れ者皇太子がいるサウジアラビア。そのサウジアラビアと自国の鉄道会社との仲介を取り持ってサウジ側から金銭を提供され、愛人の小遣いに横流しする国王がいたのはスペイン。

 そして! ユナイテッド・キングダム・オブ・グレイト・ブリテン・アンド・ノーザン・アイルランド(以下、UKと表記)も問題山積みだ……。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年7・8月号

「花巻杏奈」の優美ボディ

「花巻杏奈」の優美ボディ
    • 【花巻杏奈】ファンをがっちり掴んでNo.1!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載