サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 【井田裕隆】に聞くAV男優像

――2019年1月、YouTubeで公開された「AV男優を目指す男の密着ドキュメンタリー」動画がネットで話題となった現在進行形の若手ポルノスター、井田裕隆。「AVにも出てるし、YouTubeで性にまつわる動画を定期的にアップしてるし、ゲイビにも出演してる」24歳の彼が考える“現在のAV男優のあり方”を問う。そこから見えた性文化における男らしさとは――。

2102_201225SZ_0436_honban_520.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
(写真/宇佐美 亮)

――YouTubeチャンネル「JAPORN BOY」の登録者数は11万3000人。まさにAV界に現れた期待の新星といえる井田さんですが、ポルノの道を志したのは、何がきっかけだったのでしょうか?

井田裕隆(以下、井田) ある女の子とセックスをしたときに、一晩で13回射精したことです。野球部でホームランばかり打つ部員がいたら、プロ野球の道を選びますよね。それと一緒で、この回数を誇れるのなら、ポルノの道を選ばない理由はないと思ったんです。

――なるほど。“ポルノの才能”を持って生まれたと。そういう片鱗は幼い頃からありましたか?

井田 性の目覚めは4歳の頃です。親父の部屋にあったエロ本をこっそり読んだり、スポーツ新聞に載っているエロいグラビアを、親が使わなくなった古い携帯で撮影しては、持ち歩いているような幼稚園児でした。

――幼稚園児で携帯にエロデータを保存!? まさにデジタルネイティブ……しかも4歳で性の目覚めというのは、かなり早熟だと思いますが、その後の井田少年はどう成長していったのでしょうか?

井田 成長してからはオナニーに没頭して、イキすぎたオナニーばかりやっていましたね。特に高校2年は、童貞ながら性欲のビッグバンが訪れた年でした。例えば、中学の卒業文集のクラススナップや個人写真で、カメラ目線で写っている女の子たちを「僕のことを見てる」って妄想して、文集にサランラップをかけて「全員に顔射してやった!」と喜んだり。ほかにも、同級生に2人、巨乳の女生徒がいたんですが、下校のタイミングで彼女たちの家の前を通っては、干してある下着を目に焼き付け、帰宅後に思い出して物思いにふけったり。でもそのうち、わざわざ現場まで見に行くのが面倒になって、グーグルのストリートビューで、干してある洗濯物を見つけて喜んでいました。

――初体験はいつ頃ですか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年3月号

Netflix(危)ガイド

Netflix(危)ガイド

「夏目まどか」百花繚乱グラビア

「夏目まどか」百花繚乱グラビア
    • 千紫万紅【夏目まどか】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載