サイゾーpremium  > インタビュー  > 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
インタビュー
曖昧なリアルを表現するトラックメイカー

【STUTS】「ラップはずっとやりたかった」星野源も絶賛する人気トラックメイカーの挑戦

+お気に入りに追加

――新鋭のラッパーにビートを提供する一方、『紅白歌合戦』で星野源と共にプレイする。領域横断的に活躍するトラックメイカーは、だからこそ最新作で“自分”を表現した。

2102_P016-017_img001_520.jpg
(写真/橋本美花)

 STUTSの名前が知られ始めたのは2013年。音を取り込んで加工・編集する機材、サンプラーのMPCを楽器のように奏でたニューヨーク・ハーレムの路上でのビートライブ映像がYouTubeで公開され、音楽好きの間で話題になった。16年には、トラックメイカーとしてPUNPEE、KID FRESINO、JJJ、呂布カルマといったラッパーをフィーチャーして制作した1stアルバム『Pushin'』を発表。ファンキーでダイナミックなリズムと、ポップで気持ちいいメロディが相まったサンプリング・ミュージックは、ヒップホップ界だけでなく幅広いリスナーを魅了した。

 大きな転機は18年に訪れる。2ndアルバム『Eutopia』を、旧知のラッパーに加え、長岡亮介(東京事変、ペトロールズ)、仰木亮彦(在日ファンク)、nakayaan(ミツメ)などとも制作。生演奏とサンプリングを織り交ぜ、ブラジリアンからフュージョン、ヒップホップ、ハウスまでミックスしたオリジナリティの高い音楽に仕上げた。さらに、『Pushin'』を絶賛していた星野源のアルバム『POP VIRUS』に参加。MPCプレイヤーというバンド・メンバーとして同年の『NHK紅白歌合戦』、翌年の5大ドーム・ツアーにも出演した。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年3月号

「夏目まどか」百花繚乱グラビア

「夏目まどか」百花繚乱グラビア
    • 千紫万紅【夏目まどか】

NEWS SOURCE