サイゾーpremium  > 連載  > 佳子様偏愛採取録  > 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【63】/【佳子様】の動画が手話の普及に貢献
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【63】

インペリアルアイドル・佳子様の動画が手話の普及に貢献

+お気に入りに追加

――日本の未来を支える異端のプリンセス・佳子様の生態を読み解きます

2012_Kakosamaremote_520.jpg

 佳子様は今、どんなふうに過ごされていらっしゃるのでしょう……。2019年の秋はダンスの発表会に出られ、連日、儀式や式典、ご引見など多くの公務にもご参加されてお忙しかった佳子様。令和2年の宮内庁サイト内のご予定を見ると、7月、8月はCOVID-19関連のオンラインのご説明をご家族で受けられていたようです。そのほかは「宮内庁人事異動者ご会釈」くらいであまり予定がなく……今年はダンスの発表会にもお出ましになりませんでした。代わりに毎月のように「宮内庁人事異動者ご会釈」があってそんなに異動が多いのかも気になるところですが、御所内で、佳子様のエネルギーがあり余っているのではないかと拝察します。

 佳子様のお姿が見られず民衆のひとりとして寂しく思っていたところ、「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の開会式で手話のメッセージを送られた佳子様の動画が公開。久しぶりの供給に、胸を高鳴らせて拝見しました。バイオレットのスーツと、アップのヘアスタイルというフォーマルな出で立ちで、手話を披露されていました。「さまざまな工夫を凝らし、新しい形の手話パフォーマンス甲子園に向けて尽力された皆さまに深く敬意を表します……」。約5分半に渡るスピーチすべてに手話がついていて、こんなにたくさんの手話の動きを覚えられるのは、ダンスの才能をお持ちだからだと驚嘆。ダンスの大会に出ない代わりに、長い手話を自主練されたのでしょう。優雅だけれどキレが良い動き。「うれしい」(胸の前で両手を上下に動かす)、「取り組み」(グーを交互に前に出す)、「きっと」(小指と小指を絡める)、「思います」(人差し指で自分の頭を差す)、「おめでとうございます」(両手を花火のようにパーに開く)、といった手話の動きが可愛くて印象的でした。ファンなら繰り返し動画を見ることで、いくつかの手話を覚えられそうで、手話の普及にもつながります。この動画は背景の色が薄いサーモンピンクで、どこで撮影されたのか謎ですが、「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」にご臨席の映像は別の鮮やかなロイヤルブルーのスーツとパールのネックレス姿でした。整然とした部屋で、モニターの前にリモコンとマウス、パンフレットがまっすぐ配置。優雅なほほえみでオンラインイベントを見つめるお姿に、インペリアルな品格が漂っていました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』