サイゾーpremium  > インタビュー  > 【羊文学】“90年代風”をはねのけるオルタナロック・バンド
インタビュー
レッテルをはねのけるスリーピース・バンド

【羊文学】“90年代風”をはねのける若きオルタナティブ・ロック・バンドの轟音

+お気に入りに追加

――今、大ブレイク間近と目されているのが、このバンドである。柔和な印象の3人が奏でる轟音は、かつてのシューゲイザーを思い起こさせもするが、その背景や潜在能力とは――。

2012_P016-017_img001_520.jpg
(写真/草野庸子)

 いい感じに力の抜けた姿とは裏腹に、繊細さと獰猛さを併せ持つサウンドで存在感を放つスリーピース・バンド、羊文学。2012年の結成時は5人組だったが、作詞・作曲を担当するボーカル&ギターの塩塚モエカ(写真右)を除くオリジナル・メンバーは進学などで脱退し、現在の編成となった。

「ツイッターをやっていなかったら、たぶん、会うこともなかった」。そう話すドラムのフクダヒロア(左)は、リーガルリリーのサポート・ドラマーだった頃、塩塚からツイッターのDMで声をかけられた。また、ベースの河西ゆりか(中央)はツイッターでのメンバー公募を経て加入したという。

 初EP『トンネルを抜けたら』(17年)をリリースした頃のライブは100人を集客できるかという状態だったが、やがて楽曲やライブが評判となり、EP『きらめき』(19年)の東名阪リリース・ツアーはすべて完売。フェニックスやサッカー・マミーなど海外の人気アーティストが来日した際には、対バン相手を務め上げた。

 そんな羊文学は、音楽/カルチャー系メディアから90年代のオルタナティブ・ロックの影響を指摘される。なるほど曲によっては、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのようなシューゲイザーや、ペイヴメントに代表されるローファイの雰囲気を感じられなくもない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』