サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > 社会学的に恋愛を分析【2】/【国際結婚】に歴史アリ
第1特集
社会学的に恋愛を分析【2】

「外国人花嫁」がきっかけ?――恋愛よりも多い国際結婚の研究

+お気に入りに追加
2006_P048-051_img002_320.jpg
ちなみに、日本人と対極の恋愛・結婚観を持つのはアルゼンチン人だそうだ。(写真/Getty Images)

――社会学では国際結婚の研究も盛んだ。グローバル化に伴い増えてきた研究と思われそうだが、実は恋愛の研究よりも古い?

 社会学において「恋愛」という領域は比較的新しく、論文や書籍はそこまで多くはないが、結婚に関する研究は当然ながら多い。中でも「国際結婚」に関してはかなりの数の研究がある。

 というのも、日本で国際結婚した人は実は多いからだ。

 80年代末に農村部で「外国人花嫁」との仲介型国際結婚が行われ始めたこともあってか、人口動態統計によれば、1990年に国際結婚した人は2万5626組で、30年前は婚姻30組のうち1組は国際結婚だったのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ