サイゾーpremium  > インタビュー  > 【Leon Fanourakis】世界進出を視野に入れたラッパー
インタビュー
眠れる獅子、ラッパーとして覚醒

【Leon Fanourakis】海を越えた阿吽の呼吸の共演で、世界を視野に入れた獅子の野望

+お気に入りに追加

――DJやビートメイカーとして活動を続けていた眠れる獅子が、マイクを手にしラッパーとして覚醒。ライブを自粛せざるを得ないこの環境で、アーティストとして心情を吐く。

2006_CCW_7470_520.jpg
(写真/cherry chill will.)

 21歳の若さで、昨年デビュー作『CHIMAIRA』をリリースした横浜出身のラッパー、Leon Fanourakis。日本人の父とギリシャ/韓国人のハーフである母のもとに生まれた彼は、両親の影響もあって、常に音楽が身近にある環境で育った。

「もともと好きだったリンキン・パークがジェイ・Zとコラボしたことでヒップホップを知って。それが小学校4年生くらいですね」

 小学生ながら貪欲にUSのヒップホップにのめり込んでいった彼が、日本語ラップと出会うまでは、もう少し時間がかかった。

「DJやビートメイクもしてたけど続かず。日本語ラップも知ってはいたけど、あんまり興味が湧かなくて。でも、たまたまCD屋さんで手にしたラッパーのアルバムを聴いたら、日本語でもかっこいいラップがあることに気づいたんです。そこからいろんなラッパーをディグるようになりましたね」

 そして彼は、のめり込んだアーティストのライブを見るために、渋谷まで足を運ぶ。

「ライブが終わって『弟子にしてください』って直談判したんです。『じゃあ、ラップを作って送ってこいよ』って言われて。実際やってみたら、周りの反応もよくて。それで続けようと決めたんです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ