サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第148回/【ウォッチメン】覆面集団による仁義なき戦い
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第148回

『ウォッチメン』覆面集団による仁義なき戦いとオクラホマの悲劇

+お気に入りに追加

『ウォッチメン』

2005_watchmen_200.jpg

DCコミックス『ウォッチメン』のドラマシリーズ。ドクター・マンハッタンによりベトナムに勝利したアメリカは、ベトナムを州に取り込んだ。やがて人類は過度なほど平等になったが、結果、白人至上主義者は凶暴なテロリストに姿を変えた。やがて彼らはマスクで顔を覆い警察を襲撃し始める。製作総指揮:デイモン・リンデロフ。4月22日デジタル先行配信。

 新型コロナ感染を避けるため、アメリカでは3月以降、すべての映画館が閉鎖され、新作映画の公開は夏以降に延期されました。だから、今月からしばらくは、映画ではなく、テレビやネットのドラマについて書くことになります。

 今回はHBOテレビのドラマ・シリーズ『ウォッチメン』について。 原作は1987年に出版された、アラン・ムーア原作のコミック『ウォッチメン』。セックス、バイオレンス、政治を過激に描き、スーパーヒーロー・コミックに革命を起こした作品。

 核実験の事故で、時空を超える万能の力を持ったドクター・マンハッタンがベトナム戦争に参加してアメリカを勝たせてしまう。また、宇宙からの侵略者によって300万人が殺され、人類は国を超えて団結するが、それは超天才の大富豪オジマンディアスが米ソの核戦争を止めるためにでっち上げた侵略者だった。人類は2人の神のような監視者(ウォッチメン)の下で、我々の歴史とは違う歴史を歩み始める。

 その続編が2019年にテレビ・シリーズになった。

 アメリカはベトナムも州に取り込み、リベラルな映画俳優ロバート・レッドフォードが大統領になり、今以上の人種的平等が実現されたが、その分、白人至上主義者たちはテロリスト化している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21
    • 【森発言は女性差別?】高齢者座談会
    • 広がる【陰謀論とGAFA】の対応
    • 【Qアノン】の主張
    • ビジネス的な【福音派】の布教
    • 【ザ・ボーイズ】が描く福音派
    • 【反ワクチン運動】の潮流
    • 取り沙汰されてきた【ワクチン4種】
    • 【メガIT企業】が触れたタブー
    • 【民間PCR検査】の歪な構造
    • 【NHK】に問われる真価
    • 【テレ東】が身中に抱えた爆弾
    • 【キム・カーダシアン】の(危)人生
    • 【仰天修羅場】傑作5選
    • 月収12万でアイドルが【パパ活】
    • 【パパ活】の背景にある雇用問題
    • 金融の民主化【ロビンフッド】の闇

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【朝日ななみ】新人役者は“嫌われるほど悪い役”を目指す!
    • 【はるかりまあこ】新風を巻き起こす三人官女のサウンド
    • 【SILENT KILLA JOINT & dhrma】気鋭ラッパーとビート職人
    • 【松居大悟】自身の舞台劇をどのように映画化したのか?
    • 【BOCCHI。】“おひとりさま。”にやさしい新人7人組

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』