サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 全国紙を脅かす【地方紙連合】発スクープの強度
ニュース
【サイゾーPremium 特別企画】

警察庁タブーにも挑む! 全国紙を脅かす“地方紙連合”発スクープの強度

+お気に入りに追加

――かつてスクープといえば、全国紙に所属するエース記者らが、政財界や警察とのつながりをもとに華々しく“打つ”ものが多かった。だが、ここにきて全国紙が持つ牙城が崩されつつあるという。

 今、地方紙が熱いのをご存じだろうか。各地でスクープを連発し、全国紙を確実に脅かす存在になっている。日本新聞協会の関係者が語る。

2003_Premium_tihoushi_320.jpg
「秋田魁新報」HP。

「昨年の新聞協会賞は、『秋田魁新報』が受賞しました。ミサイル迎撃システム『イージス・アショア』の配備候補地選定をめぐる防衛省の調査報告書に事実と異なるデータが記載されていることを突き止め、2019年6月5日付一面でスクープしたんです。秋田魁が協会賞を取ったのは、実に45年ぶりのこと。このスクープで防衛省が調査の誤りを認め、配備候補地の再調査につながりました。地方紙が国を動かした画期的な出来事でした」

 昨年末も、全国メディアを驚かせるスクープが出ている。今でこそ「週刊文春」(文藝春秋)誌上において、女性厚労官僚との不倫スキャンダルで“時の人”になっている和泉洋人・首相補佐官を真っ先に取り上げたのは、沖縄県の地方紙「沖縄タイムス」だ。

 報道によると、和泉氏は、住民反対運動に遭っていた沖縄県東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設工事を進めるため、周辺に用地を持つ電源開発(Jパワー)に協力を求め、見返りに「海外案件はなんでも協力します」と懐柔策を持ちかけたという。前出の新聞協会関係者が言う。

「沖縄タイムスは、Jパワーの内部メモを入手しました。そして和泉氏がJパワーの会長に向かって『本件は官邸の官房長官直結で私が仕切っている』『国が米国との関係の中で急いでいる事業と受け止め、協力してほしい』と迫った様子を詳細に報じ、全国紙も腰を抜かすほどのスクープを飛ばしました」

 このように地方紙が相次いで放つスクープは、決して偶然の産物ではない。地方紙は全国メディアに対抗するかのように、連携して特ダネを発掘し、全国メディアが報じようとしないタブーに挑み続けているのだ。

●警察庁不祥事をスクープ!

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

NEWS SOURCE