サイゾーpremium  > 連載  > クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング  > 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第68回

【クロサカタツヤ×津田啓夢】動画スキルは基礎教養? 動画メディアの未来とこれからの情報発信のあり方

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

【クロサカタツヤ×津田啓夢】動画スキルは基礎教養? 動画メディアの未来とこれからの情報発信のあり方の画像1
●平日の主なメディアの平均利用時間グラフ
(出典)総務省情報通信政策研究所「平成29年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」より抜粋して作成

――「若者のテレビ離れ」なんて今さら声高に叫ばずとも、YouTubeやAbemaTV、HuluにNetflixなど、着実に広がるネット動画のシェア。そんな状況だから、当然のように情報源としても動画のニーズは高まっていて、テキストの記事じゃなくて「むしろ動画のほうがいい」という視聴者も増えているとか。もちろん「活字中毒」な人はいつの時代にもいるだろうけど、着実に地殻変動は進んでいる。近い将来、この連載だってもしかしたら動画になっているかもしれない。

【クロサカタツヤ×津田啓夢】動画スキルは基礎教養? 動画メディアの未来とこれからの情報発信のあり方の画像2
津田さんが編集長を務めるbouncyのトップビュー。

クロサカ 今月のゲストは、先日、朝日新聞に事業譲渡された動画メディア「bouncy」【1】の編集長を務める津田啓夢さんです。津田さんは以前、ケータイ業界専門の記者をしていらっしゃって、その頃から面識があったのですが、気がついたら動画を専門にされていました。なぜ、動画を始めたんですか。

津田 これまで「ケータイWatch」【2】「Engadget Japanese」【3】というウェブ媒体で記者として記事を書いていたんですが、Engadgetの途中から動画にシフトしていきました。始めてみたら、この業界ってYou Tuberはいてもメディアとして動画をやっている人があまりいなかったんですよ。じゃあ、本気でやっていったら、どうなるのかなと思ったんです。

クロサカ 最初から、自分が顔を出した動画をつくろうと思ったんですか。

津田 よく言われるように、雑誌が廃刊したり、ライターさんの仕事が目に見えて減っていったりということがあって、一緒に新しい仕事ができないかなと思ったんです。だから、Engadgetで動画を始めるときに、撮影者が自ら顔出しするルールをつくりました。ライターさんが顔と名前を出すことで、ほかのテキストの記事ともリンクする。そうすると、そのライターのブランド価値が上がって、動画だけじゃなくて「このライターさんにお願いしたい」といった感じで、仕事が増えるんじゃないかと思ったんです。

クロサカ その結果はどうでしたか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』