サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 国際市場から遅れる【日本ソニー】の音楽事業
ニュース
音楽ビジネスの世界に生き残れるのか?

RIZE逮捕で露呈……国際市場から遅れる日本ソニーの音楽事業

+お気に入りに追加

連鎖する薬物の不祥事

今年になってから電気グルーヴのピエール瀧、田口淳之介、そしてRIZEのJESSEとKenKenと、アーティストによるドラッグ所持/使用の逮捕が続く。そのたびにリリース作品は、すべて出荷/配信停止の措置を執られるが、有志が動画サイトなどに音源やMVをアップし、レコード会社とのアップ⇔削除のいたちごっこも続いている。

RIZE逮捕で露呈……国際市場から遅れる日本ソニーの音楽事業の画像1
昨年4月から日本ソニーの社長兼最高経営責任者を務める吉田憲一郎氏。海外のサイトでは「音楽事業と出版事業の統合で、より高いレベルのコラボを果たす」とのコメントを述べているが、国内でのスタートはいつ?

 宇多田ヒカルや米津玄師、さらに乃木坂46など数多くのドル箱アーティストを抱え、名実ともに日本を代表するレコード会社であるソニー・ミュージックレーベルズ(以下、SMR)だが、今年に入って所属アーティストの不祥事が相次いでいる。まず、今年3月に起きたのが、電気グルーヴのピエール瀧がコカイン使用による麻薬取締法違反容疑で逮捕された事件。こちらは先ごろ懲役1年6カ月、執行猶予3年の有罪判決が下されたばかりだが、7月下旬には、ロックバンドRIZEのメンバーであるJESSEとKenKenが大麻取締法違反容疑で逮捕された。いずれのケースも、逮捕されたアーティストの「CD/映像商品の出荷停止、および店頭在庫回収、さらに音源や映像のデジタル配信停止」をSMRが逮捕翌日に発表し、即実施している。

「JESSEとKenKenが逮捕されたことよりも、毎度のことながらソニーの対応の早さのほうが話題になりました。RIZEはソニー傘下レーベルであるエピックレコードから00年にデビューし、活動休止を発表する04年まで在籍。その後、ユニバーサルやワーナーなどに移籍し、16年には古巣エピックに戻ってきますが、この数年はヒットに恵まれていませんでした。つまり、商品の販売/出荷を停止したところでそこまで影響はないのですが、相変わらずソニーの措置は敏速だなと」

 こう語ってくれたのは芸能事務所幹部のA氏。ちなみに今回のような薬物絡みの事件に限らず、違法案件全般に関して厳格に対処するというのもSMRの特徴で、例えばYouTubeにアップされた違法音源/動画に対する処置も非常に早いという。A氏が続ける。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

インタビュー

連載