サイゾーpremium  > 連載  > アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【29】/【全身ラバー】女と出会いたい
連載
アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【29】

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】憧れのフェティッシュ〈全身ラバー〉女と出会いたい

+お気に入りに追加

――カメラマン・デザイナー、そして親日家としても知られるアッシュ・ハドソン。そんな彼が自らが体験した日本の“アングラ文化”を詳細にレポート。

1906_ASH_06_PH_520.jpg
※写真はイメージです。
「猫柳」オンラインショップ〈http://nekoyanagionline.com

 いろいろ経験している俺でも、いまだ試したことがなく、20歳くらいの頃からずっと魅了されているフェティッシュがある。それが“全身ラバー女性”とのセックスだ。体にピッタリと張り付いたエナメルのような輝きを放つラバーの衣装は、体をよりセクシーに見せるし、当時LAに住んでいた俺は、雑誌の写真を眺めては妄想にふけっていた。特に目だけを出した、つま先から頭までのフルボディスーツを着た姿は、可愛く見えるときもあれば、悪魔のように見えるときもある。はたまた、スーパーウーマンのようにも思えるし、世界的アーティスト、空山基氏が作るロボットのオブジェのようにも見える。そんな俺みたいなラバー好きのファンタジーを裏で支えるショップが大阪にある。今回ショップに足を運ぶことはできなかったが、ラバーのパンティからカスタムメイドのフルボディスーツまでを販売する「猫柳」のオーナー、中間氏に話を聞くことができた。

「お店は09年にオープンしました。最初はイギリスからのインポートのラバー・コスチュームを販売していたのですが、3~4年前からオリジナルで作り始めました。お客さんはもちろんSM嬢の方もたくさんいらっしゃいますが、一般のラバーフェチの方も多いんです。ただ、バキュームベッド(ラバーベッド)などは基本的には個人の方にはお譲りしていません。使い方を誤ってしまうと窒息する可能性もありますので。最初はファッション目的のレディースの衣装から始めたのですが、実は今は男性の方が増えましたね」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那