サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 怪しい商売!と言い切れない【2】/【診断アプリ】の危険な手口
第1特集
怪しい商売!と言い切れない【2】

トランプ大統領も利用した!?――データを抜き取る診断アプリの【危】手口

+お気に入りに追加

――SNS上で気軽に楽しめる診断系アプリ。基本的に無料で友人たちと自らの診断をシェアするなどして盛り上がれるが、タダより高いものはない、ということで……。

1905_uranai_p4_320.jpg
昨今、ユーザーデータの扱いに関しては世界中で問題となっている。FBの事件は、最悪のタイミングだった。

 占いと同様に、友だちとの「ネタ」として盛り上がるSNSの診断系連携アプリ。「脳内メーカー」や「性格免許証」といった診断アプリは、数多くの「情弱予備軍」に愛用されている。しかし、そこには思わぬ落とし穴も。連携アプリを認証することで、タイムラインやフォロワーの閲覧だけでなく、DMの閲覧や勝手な投稿まで権限を与えてしまうことにもなりかねないのだ。

 Facebookで、13年にリリースされた性格診断アプリ「This is my digital life」が引き起こした問題は全世界に衝撃を与えた。ケンブリッジ大学心理学講師のアレクサンダー・コーガン氏が開発したこのアプリは、27万人が利用し、個人情報が収集された。利用したユーザーだけでなく、利用者の友人となっているユーザーの個人情報収集も許可する設定になっていたのだ。その結果、合計で8700万人のデータが流出し、収集されたデータはイギリスの選挙コンサルティングを行う「ケンブリッジアナリティカ」に渡された。

 この事件以降も個人情報の流出発覚が相次ぎ、今年4月には、メキシコの企業「Cultura Colectiva」が収集した写真、イベント、パスワードなど5億4000万件のデータがAmazonのサーバーにパスワードなしで保管され、誰もが閲覧できる状態だったことも発覚。また、「At the Pool」というアプリが収集した2万2000人分の氏名・パスワード・電子メールが流出していたことも明らかになった。

 もちろん、安全なサードパーティ製のアプリも数多くあるが、その危険性については、知っておきたいところだ。

各界の著名人から驚きの声! 私は占いで成功しました!

※コメントは本人をイメージして、編集部で作成したものです。あしからず。

1905_uranai_p3_Abe_230.jpg

【1】トランプ大統領との相性は抜群でした!
安倍晋三(内閣総理大臣)

妻の昭恵もかなりスピってますが、私の場合、元東燃社長の中原伸之さんが占いの結果をメールでお知らせしてくれます。森友問題の時には籠池さんの証人喚問時期を占ってもらったし、トランプ大統領との相性診断もしてもらいました。長期政権には占いが不可欠ですね。

1905_uranai_p3_Matsushita_230.jpg

【2】「経営の神様」にも神様がいるんです
松下幸之助(パナソニック創業者)

私の会社は、浅草寺の大提灯を寄進していることで知られていますが、社内には松下家の守護神である龍を祀っています。本社にある白龍大明神を中心に、五行思想を当てはめた社をつくっているんです。龍の力を借りることによって、「経営の神様」にまで上り詰めたんですよ!

1905_uranai_p3_Terry_Gou_230.jpg

【3】占いでシャープに決めました!?
郭台銘(鴻海精密工業会長)

僕の保有資産は85億ドルで、台湾一のお金持ち! シャープさんを買収するときに、4月2日を調印式にしたのも風水で抜群の運勢だからなんですよ。プライベートでも、現在の妻と結婚をするときも、死別した妻の墓で占いをして、許しを得てから決めました。公私共に占いは欠かせません。

1905_uranai_p3_JPMorgan_230.jpg

【4】大富豪は占いを活用します!!
J・P・モルガン(モルガン財閥創業者)

金融界では伝説の人物として知られている私ですが、生前は米国聖公会を指導する立場でもあったんです。占い師さんの間では、私が「億万長者は占星術を信じないが、大富豪は活用する」っていう名言を残しているのも有名ですよね。読者さんも、占いを活用して大富豪になりましょう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ