サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 後藤真希“不倫報道”でも消えない夫の執着……「雛形あきこの夫とイメージがかぶる」
1903_goto.jpg『今の私は』(小学館)

 元モーニング娘。の後藤真希の不倫騒動が、いまださまざまな角度から関心を集めている。

 3月14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)の第一報から時間が経つにつれ、にわかにクローズアップされてきているのが、夫の後藤への執着ぶりだ。芸能記者が言う。

「最初、後藤を許して元サヤに収まったと報じられた際には、『器が大きい』と称賛もされていました。ところが、後藤の謝罪文が夫に書かされたような内容だったことから世間の見方は一変。後藤と不倫相手とのLINEのやりとりも公表され、日頃DVがあったことも推察されています。また、正月には後藤のブログに夫との濃厚キスを仕掛けた画像が投稿されていましたが、後藤は嫌がる顔をしており、不倫相手に見せつけるために、夫が投稿を指示していたのでは、という声も聞かれます」

 そんな中、ネット上で後藤の夫とイメージが「かぶる」との声が出ているのが、女優の雛形あきこの夫で俳優の天野浩成だ。前出の芸能記者が続ける。

「3月4日の『お笑いワイドショー マルコポロリ!』(関西テレビ)にそろって出演していたのですが、2人が語った異常な夫婦愛がネット上をざわつかせました。というのも、天野は雛形が捨てたはずの下着を回収して自分のクローゼットに保管。『僕が大事だと思うものは(捨てるのを)避けます。ママ(雛形)がいらなくても僕が欲しい』と説明し、他にも雛形が使用したボディクリームの空き瓶を何十個も取ってあることを明かしています。また、他の番組でも雛形がGPSで夫に行動を監視されていることを告白。夫はストリートビューで見て、『こういう街並み歩いてるんだな』『今ライン下りしてるな』と嬉しそうに語っていました。雛形はこうした行動を愛情と受け止めているようですが、ネット民からは『ストーカーじゃん』とドン引きされています」

 後藤の夫には「一緒にするな」と怒られそうだが、多くの人が一連の不倫報道から夫の“束縛”のニオイを感じ取っているようだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』