サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 丸山桂里奈の月収は「300万円」! なぜ、これほどテレビで重宝されるのか?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

丸山桂里奈の月収は「300万円」! なぜ、これほどテレビで重宝されるのか?

+お気に入りに追加
1902_maruyama.jpg『逆転力~マイナスをプラスにかえる力』(宝島社)

 ネット上では驚きの声が上がっているが、現在の活躍ぶりを見れば納得の金額ではある。

 元サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」でタレントの丸山桂里奈が、14日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。現在の月収を赤裸々に明かしたことが話題を呼んでいる。

「番組で、選手時代と今の給料の違いを問われた丸山は、『おぞましいくらい。おぞましいって言い方もおかしいですけど、全然いいです』と独特の言い回しで収入が大幅にアップしていると告白。日本代表に呼ばれた際、当時はプロが1日1万円、アマチュアが1日8,000円だったと明かし、『今はサッカーの何倍?』という問いに、『月だと290から300万くらいなんで』と具体的な金額を口にし、スタジオをどよめかせていました」(テレビ誌ライター)

 視聴者からも「丸山でこんなにもらえるのかよ」「こんだけもらえればキャラに徹するわな」「安売り感は否めないが働き者でもある」といった声が上がるなど羨望の的となっているが、「2018タレント番組出演本数ランキング」のブレークタレント部門で3位にランクインした丸山の快進撃は誰もが認めるところだろう。

「同ランキングの1位・中井りか、2位・お笑いコンビ『ノブナガ』はテレビ東京の帯番組に出演している影響が大きく、“出演番組”の数では丸山がぶっちぎりのトップでした。彼女は誰よりも早く撮影現場に入り、スタッフに持参した駄菓子を配り歩くなど、スタッフへの気配りも忘れない。撮影も常に全力投球のため、一度仕事したスタッフはみんなファンになるのだそうです。下世話なキャラのせいかCMには縁がありませんが、逆にほぼバラエティ番組だけの出演で年収4,000万円近く稼ぐのですから、いかに彼女がテレビで求められているのかがわかります」(芸能ライター)

 2019年も勢いが止まる気配のない丸山だが、キャラかぶりで割を食っているであろう鈴木奈々の月収がいくらなのか気になるところだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』