サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 土屋太鳳、「元気宣言」でアンチとの戦いが“無限ループ”に!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

土屋太鳳、「元気宣言」でアンチとの戦いが“無限ループ”に!?

+お気に入りに追加
1901_tsuchiya.jpg『土屋太鳳1stフォトブック「DOCUMENT」 (TOKYO NEWS MOOK)』(東京ニュース通信社)

 1月24日に放送されたバラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』」(日本テレビ系)の人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!」にて、新メンバーの土屋がいきなり1位&ニアピン賞を獲得。本人も自身のインスタグラムで「次回からはビギナーズラックは効かないと思うので、気を引き締めて楽しもうと思います」と心境を綴っている。

 しかし、新メンバーに加わった土屋には、ネット上で女性たちから辛らつなコメントが続出。「橋本環奈のあとの土屋太鳳はきつい」「土屋太鳳が美女枠なのは違うでしょ」「しゃべり方とか声が嫌い」「土屋太鳳がクビになるまで観るのやめる」と散々な言われようだった。

「過去には『オールスター感謝祭』(TBS系)のミニマラソンで激走していた土屋については、業界内では『一生懸命枠』とも言われています。しかし、その元気キャラが女性たちには鼻につくようで、若手女優の中では際立ってアンチが多い。NHK朝ドラ『まれ』でブレークして以降、主演やヒロインを務めた作品がどれもヒットしていないこともあって、『ゴリ押し』と揶揄されることもしばしばです」(女性誌記者)

 そんな中、土屋が登場した「東京カレンダー」2月号でのインタビューで、「評価によって傷ついたり、落ち込んだら、どうやって立ち直るのか」という記者の質問に対する答えが話題を呼んでいる。

「土屋は『プラスに変えないとやってられません。巻き込まれてたまるか! という気持ちでいつもいます』と回答。芸能界には自分よりもスタイルが良くて綺麗な人がたくさんいる中で、自分の存在価値を真剣に考えたそうで、『たどり着いた結論は元気でいること。痩せてパワーを無くしている土屋太鳳なんて誰も見たくないはず。だから体調を崩さないように、しっかりご飯を食べるんです』と明かしました」(芸能ライター)

『ゴチ』初参加1位で、さらに一生懸命さ全開になそうな土屋。アンチが批判→土屋がますます元気に→またアンチが批判……の無限ループとなりそう?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』