サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 漫画『白竜』は現代の「予言書」か!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

東京五輪贈賄疑惑も的中! マンガ『白竜』は現代の「予言書」か!?

+お気に入りに追加
1901_hakuryu.jpg『白竜HADOU(1) (ニチブンコミックス)』(日本文芸社)

 1月11日、フランス捜査当局は、2020年東京五輪招致を巡る贈賄疑惑で、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長を贈賄容疑者とする正式捜査の開始を決定したと明らかにした。

「東京五輪招致委員会が2013年、シンガポールのコンサルタント会社、ブラックタイディングス社と契約し送金した計280万シンガポールドル(約2億2,000万円)の一部が当時、IOC委員だったラミン・ディアク前国際陸連会長(セネガル)の息子、パパマッサタ・ディアク氏に渡った容疑です。国際オリンピック委員会(IOC)のアフリカの委員の票を集める目的で詳細不明の密約が交わされた結果、日本が五輪招致に成功したのではないかという疑惑を巡り、仏捜査当局が調べを進めていました。竹田会長は『正当な対価』と容疑を全面否定しています」(社会部記者)

 この衝撃ニュースに、ネット上では一部の漫画ファンがざわつき始めているという。

「昨年『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)に掲載されたヤクザ漫画『白竜』シリーズの『黒い東京五輪編』が、これと酷似した内容なのです。物語はIOCからシンガポールのコンサル会社への不正の送金に気付いたヤクザの白竜が、大手広告代理店元専務が黒幕だと突き止める。白竜の仕掛けによりフランス当局が動き、IOC会長は国会に招致され徹底追及されるが全面否定。しかし、白竜がさらなる裏金の決定的証拠を突き止め、30億円のシノギに成功する話となっています。もっとも、今回の収賄疑惑は16年にイギリス紙が報じていましたから、原作者はそれを目にしていた可能性はありそうですが」(サブカル誌ライター)

 ともあれ、漫画『白竜』といえば、これまでも現実で問題になるより先に題材を取り上げたことがある。

「2011年2月より連載中だった『原子力マフィア編』は、同年3月11日に発生した東日本大震災に関連して発生した福島第一原子力発電所事故における状況とリンクしたことにより、連載中断となる事態に。また、『土俵に賭けろ編』は、白竜が野球賭博をネタに力士を恐喝していたヤクザを脅して手を引かせ、力士に恩を売った白竜が星を売買する力士の慣行を悪用してシノギのネタにするという話。野球賭博発覚直後に連載が開始されましたが、その後の捜査によって現実の大相撲でも野球賭博の胴元から八百長が発覚したことは周知の通りです」(同)

 同作は後に「現代の予言書」と呼ばれるかもしれない!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学
    • 【美人コンテンツ】炎上考現学
    • 複雑化する【ミスコン】批判の論点
    • 【ミス・ユニバース】の問題点
    • 【世界で最も美しい顔】の胡散臭さ
    • 【柳美稀】が魅せた美グラビア
    • 進化する【美ジネス】の最前線
    • 【整形大国・韓国】の顔採用事情
    • 【ブス作品】とルッキズムの関係
    • 傑作【ブス主人公】作品レビュー
    • 【スダンナユズユリー】がネオ・レディースに!
    • 【ディスニー・プリンセス】変遷の記録
    • 【キリスト教】の女性受容史
    • 【日本酒と美人】の意外な歴史
    • 知っておくべき【5大美人酒】
    • 【地域別美人言説】の謎を追う!
    • 【ジブリヒロイン】芸能界ドラフト会議

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

NEWS SOURCE

    • 自民党と【創価学会】の不協和音
    • 【沢田研二】だけじゃない空席問題
    • 脆弱な日本の【サイバーセキュリティ】

インタビュー

    • 【是永瞳】大分から来た高身長ガール
    • 【六道寺】特攻服のママさんシンガー
    • 【ちぃたん☆】絶賛炎上中のゆるキャラ

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』