サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

――かつては独立独歩で無頼のイメージが強かった映画監督だが、実は近年、大手芸能事務所に所属する人が増えている。事務所へ所属すると、作品作りの自由度は減りそうなものだが、監督側にはどのようなメリットがあるのか? また、芸能事務所側の狙いとは?

1812_P100-103_01_350.jpg
スターダストのHPに掲載されている三木孝浩監督のプロフィール。

『アオハライド』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『坂道のアポロン』といったマンガや小説原作の映画で、安定してヒットを飛ばす三木孝浩。『君の膵臓をたべたい』『となりの怪物くん』『センセイ君主』『響 -HIBIKI-』など、ここ2年ほどの間に話題作を次々と監督している月川翔。邦画ファンの間では名前の知られた監督だが、彼らが大手芸能事務所・スターダスト系列のSTARDUST DIRECTORSに所属していることは、あまり知られていないだろう。そしてスターダストのほかにも、アミューズ、研音といった大手事務所や、実力派俳優を揃える事務所には、映画監督ら製作スタッフが所属しているケースが散見。若手監督を中心に、事務所への所属を選ぶ人は増えているようだ。

 本稿では、芸能事務所に所属する監督が増加している背景と、所属による事務所側・監督側のメリット・デメリットについて考察してみたい。

 ではまず、映画監督の芸能事務所への所属が目立ち始めたのはいつ頃のことなのか。映画監督へのインタビューを数多く行ってきたライターの泊貴洋氏は次のように話す。

「私がインタビューした中で、芸能事務所に所属する監督として最初に印象に残ったのは、やはり三木孝浩さんですね。長編デビュー作の『ソラニン』(10年)の頃にはスターダストに所属されていたと思います。当時は映画監督が大手事務所に所属すること自体が驚きでした」

 なお、マンガ原作の映画化を得意とする三木孝浩監督の活躍ぶりは、近年の邦画の復活ともやはり関連している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21
    • 【森発言は女性差別?】高齢者座談会
    • 広がる【陰謀論とGAFA】の対応
    • 【Qアノン】の主張
    • ビジネス的な【福音派】の布教
    • 【ザ・ボーイズ】が描く福音派
    • 【反ワクチン運動】の潮流
    • 取り沙汰されてきた【ワクチン4種】
    • 【メガIT企業】が触れたタブー
    • 【民間PCR検査】の歪な構造
    • 【NHK】に問われる真価
    • 【テレ東】が身中に抱えた爆弾
    • 【キム・カーダシアン】の(危)人生
    • 【仰天修羅場】傑作5選
    • 月収12万でアイドルが【パパ活】
    • 【パパ活】の背景にある雇用問題
    • 金融の民主化【ロビンフッド】の闇

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【朝日ななみ】新人役者は“嫌われるほど悪い役”を目指す!
    • 【はるかりまあこ】新風を巻き起こす三人官女のサウンド
    • 【SILENT KILLA JOINT & dhrma】気鋭ラッパーとビート職人
    • 【松居大悟】自身の舞台劇をどのように映画化したのか?
    • 【BOCCHI。】“おひとりさま。”にやさしい新人7人組

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』