サイゾーpremium  > 連載  > 笹公人×江森康之の「念力事報」  > 念力事報 第125回「それがジュリー」
連載
──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第125回「それがジュリー」

+お気に入りに追加

──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

阿久悠的美学が粋に映らない平成の世のどこか寂しき

念力事報 第125回「それがジュリー」の画像1

『ハナモゲラ和歌の誘惑』
(1300円+税/小学館/発売中)
魔術的言語「ハナモゲラ」の謎を追って、歌人・笹公人が言葉と韻律の冒険に繰り出す。愉快痛快、縦横無尽の短歌エッセイ多数、ジャズ・ピアニスト山下洋輔との対談も同時収録。

念力事報 第125回「それがジュリー」の画像2

『念力家族』
(720円+税/朝日新聞出版/発売中)
蜷川幸雄、糸井重里、山田太一、大林宣彦ら各氏が絶賛!注目の歌人、笹公人が2003年に発表し、大きな話題を呼んだ第一歌集が、待望の文庫で登場。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論