サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 指原莉乃の「股間ツルツル」告白で気になる「モジャモジャ」美女は?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

指原莉乃の「股間ツルツル」告白で気になる「モジャモジャ」美女は?

+お気に入りに追加
1811_sashihara.jpg『指原莉乃写真集 スキャンダル中毒 (講談社 MOOK)』(講談社)

 HKT48・指原莉乃のカミングアウトが話題を呼んでいる。

 10月31日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、指原は全身脱毛をしていることを告白。彼女いわく、脱毛中は痛みを紛らわせようと、施術師が「今日は何を食べる?」などと聞いてくるといい、指原は股間を押さえながら「ピザ(が食べたい)!」と叫んだというエピソードを赤裸々に披露して、番組を盛り上げた。

「指原がアンダーヘアをツルツルにしていることを初めて明かしたのは、2014年のバラエティ番組でのこと。ロケで自分は『(下の毛が)モジャ原』だと話したところ、一緒にいたダレノガレ明美が『私はツルノガレ』と返した。それでケアをしていない自分は女じゃないかも、と気にするようになり、ツルツルにすることにしたと暴露していました」(テレビ誌ライター)

 指原に限らず、芸能界ではとりわけ、モデルやグラビアアイドルに「ツルツル派」は多いとされていて、実際に壇蜜、マギー、鈴木菜々などカミングアウトしているタレントは少なからずいる。

 一方、ベールに包まれているのが「モジャモジャ派」だ。そんな中、11月6日発売の一部週刊誌が、美女タレントの“ヘア事情”を詳報している。

「記事によると、女性タレントでトップクラスの剛毛と呼ばれているのが、『神スイング』の稲村亜美。ロケで一緒に温泉に入ったグラビアアイドルは『マリモがくっついてるみたいだった』と証言していたそうです。ほかにも、筧美和子はラジオ番組で体毛が濃いことを自ら明かしているほか、ホラン千秋はあまりも『下の毛が濃そう』と言われるのに嫌気が差して、ブラジリアンワックスで脱毛したそうです」(芸能記者)

 男たちの妄想は膨らむばかりだが、次はどの美女が告白してくれるのだろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論
    • 若者の42%が【チェリー】なSEX事情
    • ポルノ動画サイトの【奇妙なタグ】
    • ヤバい【動画タグ】10選
    • フェイクポルノ天国【中国】の技術力
    • 最先端の【AIモザイク除去】に驚愕
    • AV女優【ハダカの値段】は変わったか
    • 80年代人気AV女優は【風俗】へ?
    • 性的コンテンツにされる【貧困女子ネタ】
    • 【貧困】というコンテンツの課題
    • なぜ【第七世代】は童貞を表明するのか
    • 子どもに【性】を教える奥深き絵本
    • タブーを破る【新宿二丁目MCバトル】
    • 【MC漢】が語るオネエスタイルダンジョン
    • 【現役肉食JD】赤裸々SEX座談会
    • 堕胎産業が普及を阻む日本の【ピル】事情
    • 【ピル】の程普及率とマタハラ
    • 女性が描き読む【マンガのペニス】
    • 大島薫【BLのペニス】レビュー
    • 【ペドフィリア】のキワどい治療
    • 【ミーガン法】の成り立ちと欠点

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

インタビュー

連載

    • 表紙/大間乃トーコ「ワンピースのボタンが飛んじゃうんです」
    • 【清水綾乃】健康美グラドル
    • 【KEIKO】とマナブ
    • モバイル研究家に聞いた【5G】への期待と不安
    • 【萱野稔人】人間の本性としての暴力と協力
    • 未知の可能性を秘めた【奥東京】
    • 【m-flo】多様性を体現する3人の帰還
    • 町山智浩/【ジョン・デロリアン】開発者と隣人がたどる数奇な運命
    • 【アマゾン大火災】と日本企業の関係
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/あるいは大腸菌でいっぱいの海
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【生理ちゃん】が男性にもたらした功績
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 麦芽ではなく【麹】で作るビールの美味
    • 更科修一郎/幽霊、精神的福祉国家の眠れる奴隷。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』