サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 有村架純『中学聖日記』の嫌悪感を増幅させた“2つの要因”って?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

有村架純『中学聖日記』の嫌悪感を増幅させた“2つの要因”って?

+お気に入りに追加
1810_arimura.jpg『有村架純写真集 「Clear」』(集英社)

 前クールの高視聴率がアダとなり、視聴者の嫌悪感を増幅させてしまったようだ。

 10月9日に有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系)が放送され、初回平均視聴率が6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。同作は、有村演じる新人の中学校教師・末永聖と、19歳の新人俳優・岡田健史が演じる中学3年生の黒岩晶が禁断の恋に落ちる物語。

「同枠では、前クールに放送された『義母と娘のブルース』が笑いと涙と感動で視聴者をクギ付けにしましたが、禁断の恋愛をテーマにした『中学聖日記』は、それとは180度違うテイスト。言ってしまえば“淫行ドラマ”ですから、ネット上では『気持ち悪い』『淫行を美化してんじゃねえよ』『タイトルが完全にAV』との辛辣な意見が相次いでいます。制作サイドは、そうした批判をかわそうとして“19歳”の岡田を起用したのかもしれませんが、どう考えても中学生には見えない。むしろ、新入社員くらいの貫禄なのも違和感を生み出していました」(テレビ誌ライター)

 また、放送直前に報じられたバナナマン・日村勇紀の過去の淫行事件も、少なからず影響していそうだ。

「男女の立場は違えど、視聴者に抵抗感が生まれたのは間違いない。番組を観ていることも人に言いにくくなり、SNSでの拡散も期待できない。有村が激しい濡れ場に挑んだ映画『ナラタージュ』や、2016年のフジテレビ月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』も爆死していますから、彼女に艶っぽさや恋愛モノは求められていないのかもしれません」(同)

 有村本人のせいではないのに、早くも今期のワーストドラマ決定が濃厚とは、なんとも気の毒な話。もっとも、19年3月にアタリ役だったNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の続編も決まっており、“それまでの辛抱”となりそうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』