サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 小川彩佳アナを「下手」呼ばわりした富川悠太の“アホバカ質問”歴「お前が言うな!」
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

小川彩佳アナを「下手」呼ばわりした富川悠太の“アホバカ質問”歴「お前が言うな!」

+お気に入りに追加
1808_announcer.jpg『アナウンサーとして生きる (AERA Mook)』(朝日新聞出版)

『報道ステーション』(テレビ朝日系)でメインキャスターを務める富川悠太アナのイメージがダダ下がりだ。

 8月8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にて、同番組のサブキャスターを務める小川彩佳アナが9月末で降板するにいたった舞台裏が報じられた。記事によると、富川アナからのパワハラめいた言動があったという。

「長年タッグを組んできた富川アナとの関係悪化が一因にあったといいます。小川アナは会議の場で、富川アナから『インタビューが下手だから』などと叱責されたり、本番で突然、打ち合わせにない質問をされて恥をかかせされることもしばしば。小川アナは知人に『もう限界なの……』と漏らしていたそうです」(週刊誌記者)

 もっとも、これまで数々のトンチンカンな発言で視聴者を唖然とさせてきたのは、2016年に前任の古舘伊知郎からMCを受け継いだ富川アナの方だ。そのため、ネット上では「どの口が言っているんだ」「お前もたいがい下手だぞ」「そんなこと言える立場か」などと、ネット上では批判の嵐となっている。

「特番の『選挙ステーション』では、安倍晋三総理に憲法改正について見当違いな質問をして、『今なんとなく議論がかみ合わないのは、司会の方が法律と憲法をごっちゃにされているんですね』と苦笑される始末。また、昨年11月に横綱・日馬富士が引退した際の記者会見では、師匠の伊勢ケ浜親方に前の質問者とまったく同じ質問を何度も繰り返し、『それもさっき述べたじゃないですか』『同じ質問を繰り返さないでください』『(他の記者と)代わってください』と呆れられてしまっていた。また、北海道日本ハムへの入団が決まった清宮幸太郎選手に対し、メジャーで活躍する第一歩となることにかけて『今の気持ちを英語で表現すると?』など、くだらない質問をしてネットで叩かれたことも。最近では6月の大阪地震の際、下敷きになって死亡した女の子の同級生の子に『友達が亡くなったけど、どう思う?』などとガンガンに聞いている姿に批判が殺到したものです」(同)

 そのたびに、視聴者からは「アホだろ!」「バカすぎる」と辛らつな声を浴びた富川アナ。果たして小川アナを「下手」呼ばわりする資格があったのだろうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』